やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

<<  2024年06月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

相談所

IBJ 日本結婚相談所連めい。TMS 全国結婚相談所連盟 信用度の高い2つの日本を代表する結婚相談所連盟に入っている埼玉の相談所です。
たくさんの中から運命の赤い糸の方を探すことになりますので大変。
しかし自分の生涯の伴侶を探すのに面倒がってはいられませんね。
また50過ぎた男性の結婚は非常にきつくなりますが、

晩婚で今や都会の限界結婚年齢は男性は4人に1人、女性は6人に1人が生涯結婚できないといわれています。
また40歳から44歳の独身男性では100人のうち7人しか結婚できず女性も100人のうちわずか10人という数字が出ています。
人口問題研究所調査では男性の生涯未婚率は5人に1人(20,1%)
女性でも10人1人(10,6%)という数字が出ています。
しかし90%の人はいずれは結婚したいと思っています。
さてどうするか。まず遅くとも30歳代で婚活を始めること。
40代に突入してしまったらリアルに結婚をサポートしてくれるサービスを活用することです。
体験者はお分かりでしょうがあちこちで開かれている街コンや友人同士の合コン、またはパーテイーに参加してもどこの誰かもよくわからず、独身でない人まで紛れ込んでいたり、はたまた子づれの人などハッキリせず失望ばかりで傷ついてしまったことが多いのではないでしょうか。また、今はネットでやすくおみあいするのがおおはやり。何人もの方がそれに失敗失望して多少手間だしおかねもかかるが、もう、安かろう軽かろうの付き合いに懲りたと考えて入ってこられます。
今こういう相談所に申し込む方は非常にレベルも上がっていて合理的に考えて信用のおける人を伴侶に捜しています。毎月次々新規に入ってくることからも、これ以上失敗して時間を無駄にしたくないと思われたからだと思います。
縁は自分の力で探さないと他人や友人はあてにはできませんよ。人生はトライあるのみです。お待ちしています。

春なのに  [2019年02月18日]
皆さんはすでにほとんどの方が婚活らしきものを体験していますよね。そこで何回かうまくいかず疲れ果ててもういいかとなっていませんか?
昔は人生50年(織田信長が謡曲でうたったもの、、、)と言われていましたがその後55歳が定年で親の代では会社を辞めて隠居した方も多いのでは。
今の人たちはそんな話聞いたこともないというくらいびっくりする時代がついこの間まで続いていたのです。年金が始まったのもその頃でこれなあにと言って女性は寿退社で結婚しれ年金を脱退して国民年金、それもサラリーマンの夫の扶養に入り、家庭の主婦をして働きになんて出ない人が多かったのです。
 
今や働かずに専業主婦に収まっている若い人は少なくなったのではないですか?共働きは今や当たり前。女性も望んでいるし男性も働いてほしいと思う時代ですよね。
子育てや保育園のの話は今日はさておいて、その後子供が大学を出てさて何歳になりますか?男女とも本来ならそこで旅行したり。海外ロングステイ―など退職金でやれましたが、今やそれも難しい時代になりましたね。
70になっても働いている男性は今や普通。女性もまだ働かないと食べられないとパートに出ている時代になりました。
 
そこで結婚していない人の例をあげましょう。
未婚で定年になった公務員などの女性は今だに結構恵まれていますね。一人でマンションなどを買って自活して定年後も年金は男性並みに出ますのであまり心配はいりません。
非正規社員で一人者の女性だとどうでしょう。年金はまちまちですが自活できるほどはもらっていず、家は無し親が住んでいる家をもらえればいいのですが家なし年金が少ないとやっていけませんよ100歳まで生きる時代ですから。さてどうしましょう。こういう方が相談に見えることがあります。
60歳過ぎての女性独り者は大変です。もっと早くに気づいてテを打っておくべきでしたね。
又個人事業で年金は国民年金のみの男性も今や後継ぎがいない時代ですのでわずかな国民年金では食べるにも大変。結局死ぬまでやめられないのです。まして結婚していなかったら年収100万円台の人のところに女性は現実的ですから来てくれません。この場合も若くて元気に働いていたころならきっと結婚できていましたね。
 
もっと考えなくてはいけないのが離婚した女性ですね。男性は離婚しても厚生年金は大差ないのですが女性は夫の厚生年金で暮らす手段を放棄したのでその後自活した仕事にもよりますが、60過ぎても自分の国民年金しか入ってこないケースが多いです。
 
結婚は今や相互扶助。好きだけでするものばかりとは言えないのです。
年金に入っていない人はめったにいませんが若いフリーターで俺らはもらえないからとほったらかすと最後国年金さえ入ってこなくなり生活保護を受けなくてはなりません。これも今やめったにもらえないようです。
 
私が年を取って見えてきている現実を今若さ真っ盛りの皆さんに早めにお知らせしておくのは 後悔先に立たずであとからでは払うから入れてよとはいかないから心配しています。とにかく結婚しておいた方が生活も成り立つから言うのです。
 
世知辛いお話で申し訳ありませんが年収が低い相手なんて嫌だと敬遠するうちにお話がなくなってしまいますので今ここで入会金がどうの、月会費が高いの等言っていられなくなりますので、ぜひぜひ今がチャンス。入ってください。
私は皆さんにとても安くお金を抑えているのは私も未亡人ですが遺族年金などおかげさまで食べるに困らず年取っても自活できているから商売抜きで皆様のお役にたとうと考えているからです。
どうかご心配の方はご相談ください。
 
Posted at 15:37