やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

お問い合わせ・資料請求
<<  2023年01月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

相談所

IBJ 日本結婚相談所連盟。
BIU 日本ブライダル連盟 
R,net(含Nozze)、NNR 日本仲人連盟 (新規入会)
と日本で婚活で相談所に入っている人のほとんどを網羅している大きい団体4か所に入っておりますので。16万人以上の中から選べます。
たくさんの中から運命の赤い糸の方を探すことになりますので大変。
しかし自分の生涯の伴侶を探すのに面倒がってはいられませんね。BIUは歴史も古いところから新しいところまでそれぞれ多少個性があります。
また50過ぎた男性の結婚は非常にきつくなりますが、

晩婚で今や都会の限界結婚年齢は男性は4人に1人、女性は6人に1人が生涯結婚できないといわれています。
また40歳から44歳の独身男性では100人のうち7人しか結婚できず女性も100人のうちわずか10人という数字が出ています。
人口問題研究所調査では男性の生涯未婚率は5人に1人(20,1%)
女性でも10人1人(10,6%)という数字が出ています。
しかし90%の人はいずれは結婚したいと思っています。
さてどうするか。まず遅くとも30歳代で婚活を始めること。
40代に突入してしまったらリアルに結婚をサポートしてくれるサービスを活用することです。
体験者はお分かりでしょうがあちこちで開かれている街コンや友人同士の合コン、またはパーテイーに参加してもどこの誰かもよくわからず、独身でない人まで紛れ込んでいたり、はたまた子づれの人などハッキリせず失望ばかりで傷ついてしまったことが多いのではないでしょうか。
今こういう相談所に申し込む方は非常にレベルも上がっていて合理的に考えて信用のおける人を伴侶に捜しています。毎月次々新規に入ってくることからも、これ以上失敗して時間を無駄にしたくないと思われたからだと思います。
とにかくどんなところでどんな風に探すのか今はトライアル会員までありますから思い切ってご相談にいらしてください。
縁は自分の力で探さないと他人や友人はあてにはできませんよ。人生はトライあるのみです。お待ちしています。

救急車に乗りました  [2021年11月08日]
 いつ難題が押し寄せてくるかわかりません。
ここ1か月、片頭痛の薬がないと頭が割れるほど痛くて それこそ地獄の苦しみを何回か味わいました。
最初は原因がわからず、あちこち医者が通い、 最近はどこの医者も、手の込んだ話のところは予約がないと診てもらえません。ですから検査にもまた予約。毎日医者で1日苦しみながら待たされ,たどり着いたのが
お茶の水の、井上眼科というところでした。
ここは眼医者のデパートみたいなところで、何でもそろう目の関係の専門病院です。大学病院より設備も規模も人材もそろっているようです。
しかしここも予約が取れるまで大変。幸い支部が大宮にあったので先にそちらにかかりました。ここも混んでいますが、地元の医者より最新の機材がありました。
ここで緊急性を見てくれ本院に明日来るようにと、お茶の水に次の日、割り込まさせてもらえました。
神経眼科という科に行きまた最初から検査。朝は食事抜きでラッシュの中1週間も禄にご飯も食べていない体で、立ったまま1時間かけて行きました。
薬剤を注入してMRIを撮ってもらい、どうやら目の神経の裏に炎症が確かにあることが判明。原因はわからないがいずれにしても頭の奥なのでステロイド治療かとのことでまた次回にとなりました。
前の週には血圧が220まで跳ね上がり救急車を呼び、娘に付き添われ、市立病院に行きました。
とにかく今も薬で痛みを散らしてやっと食事をしている状態です。寝ているととくに痛くてもう口を開けてあえぎながらつらい夜を、うなりながらたたえています。
 
ここにきてつくづく 近くに娘がいてくれ助かりました。
本来子供に頼りたくないほうなので医者だって一人で行っていましたが、今回ばかりは一人で行くのがきつかったです。
ファイザー製薬に行っている息子も、薬に関しては何でもよく教えてくれありがたかったです。
長男も心配してくれ何回も電話してくれました。
 
日頃一人でいると子供の世話にはなりたくないものです。休むのも一人でのほうが気が休まります。
しかし最後人間はこういうことが起き一人では生きられないんだとつくづく・子供のあるありがたみを感じました。
 
相談所をやっていて、いろいろな事情を抱えている方が見えますが、とにかく子供がうめる年の方は子供を持ちましょう。
その年を過ぎても最後は恋人ではだめですね。運命共同体の結婚している相手や身内の子供しか助けてくれません。
友人が旦那に腎臓を一つ上げたそうですが、なんでそんな事ができるのと聞いたら、運命共同体だもの。あちらがこければこちらもこけるじゃないと言っていました。
 
とにかく具合が悪いときたとえ家族でも遠慮があるのに恋人級のひとになど頼めませんよね。
 
今皆さんは若いから我々の年までははるかに遠く、自分はだれの世話にもならないしお金はたまっているしと、独身生活を楽しんでいると思いますが、
人生には先があります。
70歳になって急に相手を見つけるより早くから相手を見つけましょう。
こう今振り返ると人生は光陰矢の如しですよ。
 
75歳人生の最後の時期になって、自分は孫も持てなかった、結婚しておけばよかったと悔やんでも周りはみな、子や孫に囲まれそこそこ幸せそうにしていますよ。
 
その時にどんなに悔やんでも取り返しがつきません。血は水より濃い という事実はどうしようもありません
 
ここにきて、再婚を考えた女性が入会してきました。一人の母親の近くにいたいとのことや、お子さんがじきに独立するので自分の伴侶を考え入会してきました。
条件が悪くてもちゃんとお相手も同じ方が何人かいて申し込みが来ています。
 
皆さんやはりある程度の年になると先が見えてくるんですね。
 
若い方は条件がいいのですからきちんと目を開いて、人生100年の人生伴侶を探しましょう。
 
年取ったら身内がありがたいものです。ですからぜひぜひ皆さんに、結婚をお勧めいたします。
 
こちらは4団体に所属していますので、自分にあった人が必ずいます。小室佳代さんみたいに分不相応のことさえ考えなければ必ず見つかります。
 
今ここにひどい体で書いているのも最近とみに子供がいたことのありがたみを感じたからです。皆さんにもぜひ考えてください。
 
 
Posted at 00:03