やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

お問い合わせ・資料請求
<<  2020年08月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

相談所

IBJ 日本結婚相談所連盟。
BIU 日本ブライダル連盟 
R,net(含Nozze)、NNR 日本仲人連盟 (新規入会)
と日本で婚活で相談所に入っている人のほとんどを網羅している大きい団体4か所に入っておりますので。16万人以上の中から選べます。
たくさんの中から運命の赤い糸の方を探すことになりますので大変。
しかし自分の生涯の伴侶を探すのに面倒がってはいられませんね。BIUは歴史も古いところから新しいところまでそれぞれ多少個性があります。
また50過ぎた男性の結婚は非常にきつくなりますが、

晩婚で今や都会の限界結婚年齢は男性は4人に1人、女性は6人に1人が生涯結婚できないといわれています。
また40歳から44歳の独身男性では100人のうち7人しか結婚できず女性も100人のうちわずか10人という数字が出ています。
人口問題研究所調査では男性の生涯未婚率は5人に1人(20,1%)
女性でも10人1人(10,6%)という数字が出ています。
しかし90%の人はいずれは結婚したいと思っています。
さてどうするか。まず遅くとも30歳代で婚活を始めること。
40代に突入してしまったらリアルに結婚をサポートしてくれるサービスを活用することです。
体験者はお分かりでしょうがあちこちで開かれている街コンや友人同士の合コン、またはパーテイーに参加してもどこの誰かもよくわからず、独身でない人まで紛れ込んでいたり、はたまた子づれの人などハッキリせず失望ばかりで傷ついてしまったことが多いのではないでしょうか。
今こういう相談所に申し込む方は非常にレベルも上がっていて合理的に考えて信用のおける人を伴侶に捜しています。毎月次々新規に入ってくることからも、これ以上失敗して時間を無駄にしたくないと思われたからだと思います。
とにかくどんなところでどんな風に探すのか今はトライアル会員までありますから思い切ってご相談にいらしてください。
縁は自分の力で探さないと他人や友人はあてにはできませんよ。人生はトライあるのみです。お待ちしています。

婚活は職業選びの続き  [2018年01月15日]
今日の読売新聞に銀行員の転職希望が急増と出ていました。超低金利に伴い銀行の収益悪化で人員削減への不安が原因とありました。学部を選ぶあたりから将来を見越し就職も先行きの展望を考えて選んで入った会社が先行き怪しくなったらたまりませんね。
私もかつて今のメガバンクにいました。遠い昔ですが。その時内部の男性が国に帰るとお見合いの写真が山積みなんだと自慢していました。みんなは何であんな人とうわさしましたが当時銀行は花形で一般会社の倍の給料をもらっていたようです。中の人たちは一向にそんなこと気づきませんで辞めて(当時は寿退社といって結婚即ほとんどの人は退社しました)初めてお給料が良かったのが旦那のと比べて倍もらっていたのに気づきました。
今の親はその頃の後遺症で公務員・大手の会社だの昔の感覚そのままで子供の将来を進めているようです。然しもう昔人間では明日伸びる分野など分かりませんね。
あの頃の花形が今は消滅したり斜陽化しているものも多く、第一日本を支える車も若者は余り乗りたがらないとか。そこで女性も誰を相手に選ぶかで明日が決まってしまうから怖いですね。当時「山一證券にしようかM銀行にしようか考えていた私は昔人間の母が株屋は駄目だ。明日が知れないともうけもすごいが、つぶれて首つりなどがあった時代だったのでやめたらと言われ銀行にしました。このように永久に安泰な企業はないのでは。幼児向きの企業が子供はヘリ老人社会になるという事で老人ホームに鞍替えしたり。各社とも先を見込んで色々考えているわけですね。経済紙も女性も読んで明日の旦那選びに予想を建てたりなどもこれからは必要ですね。
理想ではご主人がどんなになってもつていってあげるのがいいですがそんな殊勝な女性は少なくなりつつありますね。
今は先を見越して女性も資格を取ったり手に職を付ければ何とか自立できますので昔みたいに専業主婦をのぞんで居る時代ではなくなったことですとそれに付随して夫も奥さんの手助けをするのは当然と考え、姑も昔は夫をもっと大事にしたものよなどと考えないほうが家庭円満になりと思います。年を取っても自分の考えを時代に合わせていく努力をしないと自分がつらくなりますね。若い人も長く生きた人の話は結構ためになりますので聞く耳を持った方が生きやすくなりますよ。
Posted at 13:43