やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

お問い合わせ・資料請求
<<  2020年03月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

相談所

IBJ 日本結婚相談所連盟。
BIU 日本ブライダル連盟 
R,net(含Nozze)、NNR 日本仲人連盟 (新規入会)
と日本で婚活で相談所に入っている人のほとんどを網羅している大きい団体4か所に入っておりますので。16万人以上の中から選べます。
たくさんの中から運命の赤い糸の方を探すことになりますので大変。
しかし自分の生涯の伴侶を探すのに面倒がってはいられませんね。BIUは歴史も古いところから新しいところまでそれぞれ多少個性があります。
また50過ぎた男性の結婚は非常にきつくなりますが、

晩婚で今や都会の限界結婚年齢は男性は4人に1人、女性は6人に1人が生涯結婚できないといわれています。
また40歳から44歳の独身男性では100人のうち7人しか結婚できず女性も100人のうちわずか10人という数字が出ています。
人口問題研究所調査では男性の生涯未婚率は5人に1人(20,1%)
女性でも10人1人(10,6%)という数字が出ています。
しかし90%の人はいずれは結婚したいと思っています。
さてどうするか。まず遅くとも30歳代で婚活を始めること。
40代に突入してしまったらリアルに結婚をサポートしてくれるサービスを活用することです。
体験者はお分かりでしょうがあちこちで開かれている街コンや友人同士の合コン、またはパーテイーに参加してもどこの誰かもよくわからず、独身でない人まで紛れ込んでいたり、はたまた子づれの人などハッキリせず失望ばかりで傷ついてしまったことが多いのではないでしょうか。
今こういう相談所に申し込む方は非常にレベルも上がっていて合理的に考えて信用のおける人を伴侶に捜しています。毎月次々新規に入ってくることからも、これ以上失敗して時間を無駄にしたくないと思われたからだと思います。
とにかくどんなところでどんな風に探すのか今はトライアル会員までありますから思い切ってご相談にいらしてください。
縁は自分の力で探さないと他人や友人はあてにはできませんよ。人生はトライあるのみです。お待ちしています。

幸せの測り方  [2019年03月28日]
隣の芝生はよく見える、とも言いますが今の世の中何が幸福かなんて人それぞれで一概に言えませんが、いい会社に入ったはいいが忙しくって遊ぶ暇もないしデートする暇もないなんて、収入にのっとって忙しさはだいたい比例していますからね。
 
昔からお医者様の奥様などはいい人と結婚したわねと思われていますが旦那様の忙しさは半端ではなく、家事を手伝ってなどもってのほか、子供の運動会にも出られなかったとはよく聞きますね。公務員がうらやましいわとも。ところがこの頃は公務員も相当忙しいらしいですよ。下手すると日曜も出たりとか。
さて奥様は旦那様を当てにしていても実際には何も手伝ってくれない、手伝う余裕がないと言うのが現実のようですね。
 
そこへ今は奥様も優秀な方が多く下手すると旦那様より高収入だし忙しい方も多くなりました。
産休で休んでいて実際働き始めたら家は回らなくなってそこへ登場するのが実母ですね。実際孫はかわいいし子供の現実も認めてはいても結婚年齢が遅くなったことで実母も昔のように50代ではなく60,70代で自分のことで精一杯なので子供の手伝いなんてきついんですよね。
 
家の中には暇人が一人いたほうが潤滑に回ると思うのに今暇人はいませんね。まだ体が使える母親はとても重宝がられますが、やっと自由を得た母親は、さあこれからだと遊びにも忙しいし。習い事や、体のメンテナンスにもいかないといけませんのでバタバタ。子供の家庭を手伝うなんていい迷惑なんですよね。本当は。だって自分が子育てをしたころは自分の家庭はしっかり自分でやっていましたもの。ただし大抵は専業主婦でしたがね。
 
この頃の大学生は専業主婦希望なんて人が出てきたらしいですよ。
大学生が結婚相談所に登録しています。就職して苦労したりが嫌なんでしょうか?それもどうかと思いますが。
 
定年後に田舎暮らしを望むのも会社での仕事やら人間関係にすっかり疲弊した先に農業でもと考えるんでしょうね。奥様はそこまで疲弊していない関係上都会と田舎で別居してときどき会うなんて方もいるようです。
こう暑いと本当に寿命が縮みますね。
Posted at 15:29