やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

お問い合わせ・資料請求
<<  2020年03月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

相談所

IBJ 日本結婚相談所連盟。
BIU 日本ブライダル連盟 
R,net(含Nozze)、NNR 日本仲人連盟 (新規入会)
と日本で婚活で相談所に入っている人のほとんどを網羅している大きい団体4か所に入っておりますので。16万人以上の中から選べます。
たくさんの中から運命の赤い糸の方を探すことになりますので大変。
しかし自分の生涯の伴侶を探すのに面倒がってはいられませんね。BIUは歴史も古いところから新しいところまでそれぞれ多少個性があります。
また50過ぎた男性の結婚は非常にきつくなりますが、

晩婚で今や都会の限界結婚年齢は男性は4人に1人、女性は6人に1人が生涯結婚できないといわれています。
また40歳から44歳の独身男性では100人のうち7人しか結婚できず女性も100人のうちわずか10人という数字が出ています。
人口問題研究所調査では男性の生涯未婚率は5人に1人(20,1%)
女性でも10人1人(10,6%)という数字が出ています。
しかし90%の人はいずれは結婚したいと思っています。
さてどうするか。まず遅くとも30歳代で婚活を始めること。
40代に突入してしまったらリアルに結婚をサポートしてくれるサービスを活用することです。
体験者はお分かりでしょうがあちこちで開かれている街コンや友人同士の合コン、またはパーテイーに参加してもどこの誰かもよくわからず、独身でない人まで紛れ込んでいたり、はたまた子づれの人などハッキリせず失望ばかりで傷ついてしまったことが多いのではないでしょうか。
今こういう相談所に申し込む方は非常にレベルも上がっていて合理的に考えて信用のおける人を伴侶に捜しています。毎月次々新規に入ってくることからも、これ以上失敗して時間を無駄にしたくないと思われたからだと思います。
とにかくどんなところでどんな風に探すのか今はトライアル会員までありますから思い切ってご相談にいらしてください。
縁は自分の力で探さないと他人や友人はあてにはできませんよ。人生はトライあるのみです。お待ちしています。

えらばれる女におなりなさい デヴィスカルノ 著  [2019年04月03日]
デビイ夫人の婚活論より
 私のインスピレーションになり、力の源泉となって、私の人生の喜びとなってください。スカルノ大統領がデビ夫人に言ったプロポーズの言葉です。日本人の男性でこれだけの言葉が言える人聞いたことがないですね。ですからこんな素敵なプロポーズを受けた女性はいないんではないでしょうか。選ばれた以上それにこたえるのが役目、たとえようもない幸福感とあふれるばかりの達成感、言葉にすることが出来ないほどの喜びで心は満たされたそうです。
 
男性って体が弱っているときに、自分に優しくしてくれる人が、天使に見えちゃうみたい。何故かそう感じる生き物なのよ、男性は。そう考えたら男性は弱った時がねらい目。病気でなくても仕事がうまくいっていない時、気持ちが落ち込んでいるとき、大きな仕事のプレッシャーでつぶされそうになった時、など社会に出ている男性は結構いろんな場面でダメージを受ける事が沢山あるのです。
そんな時どんなことがあっても私はずっと貴方に寄り添っているわ。と傍らで言ってあげてください。弱った男性には優しく。しかしこれは女性でもそうですよね。女性だって悲しかったり落ち込んだり、立ち直れないことがありますよね。そんな時にちょっとでいいからやさしくしてくれたらすごくうれしいですよね。
御相手に望むことは男女とも優しい人です。皆優しさに飢えているんですね。この世知辛い世の中。ちょっと一押しで人身事故を選び飛び込む人がこんなに多い世の中。その時その人の頭の中は悲しみで何も見えなくなっているんでしょうね。家族や友人がたった一言優しい言葉をかけてあげたら思いとどまったのではないでしょうか?
 
デビ夫人の弟、やそうさんは日本でデビさんに相当のバッシングがあり母が死んだあとを追って自殺をしてしまいました。デビがその死を悼んで自分の屋敷をやそお宮殿と名付けましたが、明るい夫人の心の中身は相当の悲しみもつらさも乗り越えて生きてきたんでしょうね。
 
結婚にのぞむものは男女とも互いに明るい家庭を作りたいと言う極シンプルな望みです。此れには相手にやさしさを求めるだけではだめですね。自分もやさしさをちゃんと表現しないと相手には伝わりません。
私はNZに少し住んだことがありますが、海外では自分の言いたいことをはっきり表現するのが基本ですので、何とかその習慣を身に付けた様で今では言いたいことをはっきり表現しています。日本では出るくぎは打たれると言いますが詰まりませんね。表現せずに飲み込んでばかりで何が面白いんでしょう。
積極的に告白する。今の若い人たちは随分平気でやっていますね。
それでいいのではないですか。ぜひ好きだと表現して下さい。スカルノ大統領の冒頭に書いたセリフ、素敵ですね。私も言われてみたかったと皆さんも思いますよね。男性のみなさん。一世一代のプロポーズを是非してくださいね。女性は心待ちにしていますよ。
 
 
 
Posted at 09:48