やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

<<  2024年06月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

相談所

IBJ 日本結婚相談所連めい。TMS 全国結婚相談所連盟 信用度の高い2つの日本を代表する結婚相談所連盟に入っている埼玉の相談所です。
たくさんの中から運命の赤い糸の方を探すことになりますので大変。
しかし自分の生涯の伴侶を探すのに面倒がってはいられませんね。
また50過ぎた男性の結婚は非常にきつくなりますが、

晩婚で今や都会の限界結婚年齢は男性は4人に1人、女性は6人に1人が生涯結婚できないといわれています。
また40歳から44歳の独身男性では100人のうち7人しか結婚できず女性も100人のうちわずか10人という数字が出ています。
人口問題研究所調査では男性の生涯未婚率は5人に1人(20,1%)
女性でも10人1人(10,6%)という数字が出ています。
しかし90%の人はいずれは結婚したいと思っています。
さてどうするか。まず遅くとも30歳代で婚活を始めること。
40代に突入してしまったらリアルに結婚をサポートしてくれるサービスを活用することです。
体験者はお分かりでしょうがあちこちで開かれている街コンや友人同士の合コン、またはパーテイーに参加してもどこの誰かもよくわからず、独身でない人まで紛れ込んでいたり、はたまた子づれの人などハッキリせず失望ばかりで傷ついてしまったことが多いのではないでしょうか。また、今はネットでやすくおみあいするのがおおはやり。何人もの方がそれに失敗失望して多少手間だしおかねもかかるが、もう、安かろう軽かろうの付き合いに懲りたと考えて入ってこられます。
今こういう相談所に申し込む方は非常にレベルも上がっていて合理的に考えて信用のおける人を伴侶に捜しています。毎月次々新規に入ってくることからも、これ以上失敗して時間を無駄にしたくないと思われたからだと思います。
縁は自分の力で探さないと他人や友人はあてにはできませんよ。人生はトライあるのみです。お待ちしています。

寂しさ  [2019年07月03日]
 男性が結婚を考える第1は寂しいからだそうです。
若いころ私は都内でお勤めをしていて、上野で乗り換えていました。一人で人込みを歩いているとすごく寂しくなることが多かったと覚えています。
家に帰れば家族がいましたが、こんなに多くの人の中で自分は孤独だなあと感じることが多かったです。
また結婚して仙台に転勤で行ったころ、夕方東京のほうを見てはさみしくてさみしくて、あのネオンが恋しくて。あの頃新幹線もなく、東京に確か4時間もかかるのでおいそれとは帰れませんでしたので。また長距離電話がすごく高く、母が毎月4万もかけて電話してくれていたり。携帯などもなかった時代でした。
 主人が単身赴任で奈良に行っていたときも子供の相談も長距離電話ではできず、そのころ同じマンションにいた単身赴任の3人組がさみしさを紛らわすためによる8時集合で、子供を寝かした後に我が家でお茶のみをしました。
またニュージーランドに別荘を買って3か月ごとに行き来していたころ、あちらに行くと私はすぐにホームシックにかかりさみしくて日本に思いをはせてしまっていました。ネットをつなぐにも面倒な時代でしたが、ネットはどうやら日本とつながりかえって日本恋しさが増しました。ですから私は海外に永住はできないなとすぐ思いました。またお寿司が大好きなのでお寿司の店まで4時間も車を走らせたりこんなことなら何もこんな遠くまで来ることなんかないやとすぐ分かりりました。北島三郎の演歌が海外では、心をを揺さぶりました。
 若いころの方が寂しがり屋だった気がします。
3人の子供がみな独立した今は不思議なことに一人ってこんなに気が楽なんだわとやっと孤独の味がわかってきて、自分の考えで何もかもやって自分の好きに生きるっていいんじゃないと思えるようになりました。
だからかつて親を手元に引き取ったはいいが親は帰りたがったという話の意味がやっと分かりました。
息子の世話になってそこで一人部屋で暮らすってすごく堅苦しいものだと思います。
ある人は孫が自分の部屋に入り浸るのをお嫁さんが嫌がりついには行かせなくしたなどという話を聞くと、オー,嫌だと思います。独立した子供とはもう相いれないのではないでしょうか?
自分の連れ合いと年取って仲睦まじく暮らすのが理想でしょうが、一人になったら一人で暮らすことになれるとその先には大いなる自由と気楽さがありますよ。それもこれもにぎやかな家庭を子らとともにすごした後から感じる自由なのかもしれませんね。
子らは幸せにやっていてくれればいいのです。自分のことは自分でやりますから。たまに一緒ににぎやかな食事をするくらいがいいですね。
 
一人になったら同じくらいのお友達、がいるのが理想ですね。恋人がいたらもっとときめいていいかも知れません。第3の青春、人間死ぬまでときめきがあれば幸せですね。しかし人を好きになるということは同時にさみしさも感じることではありますね。
さみしさよこんにちわ、さようなら。
Posted at 03:00