やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

<<  2024年06月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

相談所

IBJ 日本結婚相談所連めい。TMS 全国結婚相談所連盟 信用度の高い2つの日本を代表する結婚相談所連盟に入っている埼玉の相談所です。
たくさんの中から運命の赤い糸の方を探すことになりますので大変。
しかし自分の生涯の伴侶を探すのに面倒がってはいられませんね。
また50過ぎた男性の結婚は非常にきつくなりますが、

晩婚で今や都会の限界結婚年齢は男性は4人に1人、女性は6人に1人が生涯結婚できないといわれています。
また40歳から44歳の独身男性では100人のうち7人しか結婚できず女性も100人のうちわずか10人という数字が出ています。
人口問題研究所調査では男性の生涯未婚率は5人に1人(20,1%)
女性でも10人1人(10,6%)という数字が出ています。
しかし90%の人はいずれは結婚したいと思っています。
さてどうするか。まず遅くとも30歳代で婚活を始めること。
40代に突入してしまったらリアルに結婚をサポートしてくれるサービスを活用することです。
体験者はお分かりでしょうがあちこちで開かれている街コンや友人同士の合コン、またはパーテイーに参加してもどこの誰かもよくわからず、独身でない人まで紛れ込んでいたり、はたまた子づれの人などハッキリせず失望ばかりで傷ついてしまったことが多いのではないでしょうか。また、今はネットでやすくおみあいするのがおおはやり。何人もの方がそれに失敗失望して多少手間だしおかねもかかるが、もう、安かろう軽かろうの付き合いに懲りたと考えて入ってこられます。
今こういう相談所に申し込む方は非常にレベルも上がっていて合理的に考えて信用のおける人を伴侶に捜しています。毎月次々新規に入ってくることからも、これ以上失敗して時間を無駄にしたくないと思われたからだと思います。
縁は自分の力で探さないと他人や友人はあてにはできませんよ。人生はトライあるのみです。お待ちしています。

うちの子が結婚しないので 垣谷美海を読んで  [2020年11月01日]
 先に10月にゴーツーtravelに3回行きました。もうコロナは終わったかの賑わいでした。
 11月には大仁温泉に2かい、仙台作並に一回行く予定です。また12月には大阪ユニバーサルスタジオへ娘夫婦と、孫と出かけます。
このように、すっかり平常になる反面、友人の中にもまだまだコロナが怖いと都内にも出かけないし、外食も一回も行かないと言う人もいます。
どれがいいのかは時の運。しっかりマスクをして、手の消毒は今はどこのホテル、店でもやっていますので怖くはありませんがこればかりは、どこからどう移るかはわかりませんし海外ではまた増えつつあるようですね。
 
さて婚活状態ですがわたくし共のところの方たちはお見合に出掛けています。前と変わりません。一人コロナの終焉まで休むと言うお年寄りがいますが、待っているうちに、他の病気になってしまいもうお見合が出来なくなるかもしれません。
 
うちの子、、、とい本は28歳の娘を持った親の婚活奮闘記なのですが、親御さんの気持ちが実によく出ていて私も実は娘の結婚の時に体験した気持ちがよく表れていますので皆様も読んでみてください。
我が家の娘もこの結婚相談所でお相手を見つけて今から4年前ですか結婚しました。37歳と言う真剣にならざるを得ない時でした。
その前に娘の相手を探すためみたいに相談所を開いたので私も真剣でした。
しかし私のお気に入りと娘では相当違いがありました。多分皆さんのご家庭もそうでしょうがお互いに、え、こんな人がいいの?となりがちではないでしょうか?
でも結局結婚するのは本人だし、皇室の眞子さま騒動と同じで、こればかりは親が決められませんね。
最期は親というものは娘や息子の幸せを祈るしかありません。
幸い我が家はそれぞれ希望にかなった相手で親から見てもお似合いのカップルを選んでいます。男2人と娘です。
 
さてこの本にも出ていますが,女性は若くてきれいな人、がいい結果を産むようですが。これもある程度好き好きですよね。男性なら女性ならどの人も好き、と思われがちですがそうともいえません。
また今は女性が職業を持っているほうが選ばれます。
しかしこの本にも書かれていますが女性は仕事と家庭と子育てすべてを両立なんてできませんので男性本人や、男性の親御さんの意識改革が相当求められます。
はたらいて家計を助けてもらっていたら家事の半分は自分でやるようにしないと無理ですね。
子供さんの教育も 育メンといわれる時代もっと参加してと言いたくなりますね。お父さんが二人いる様ならお母さんも二人いる感じでやらないとうまくいきません
 
しかし人生100年時代で子供と過ごす時間は約20年。あとは夫婦二人になりますので、楽しんで子育てをしないとあっという間に子供は離れていきます。
寂しいですよ。我が家でも娘がイギリスに旅立った後に私はからの巣症候群に襲われ、本当につらかった思い出があります。
その時機その時機で夫婦の関係というものは変わってきますし、いつまでも相手が生きていると思っていると、とんでもない事態になって一人になってしまいます。
我が家でも27歳で結婚した夫が58歳で病死しました。あっという間に未亡人。
人生はいろいろ、山あり谷あり。でもそれなりに人並みに家庭を持ってやってきて幸せでした。
 
皆様もなるべき早くお相手を探し、人並でいいですからお幸せになってください。
人生相談でもお聞きしますからいらしてください。お待ちしています。
Posted at 08:39