やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

<<  2024年04月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

相談所

IBJ 日本結婚相談所連めい。TMS 全国結婚相談所連盟 信用度の高い2つの日本を代表する結婚相談所連盟に入っている埼玉の相談所です。
たくさんの中から運命の赤い糸の方を探すことになりますので大変。
しかし自分の生涯の伴侶を探すのに面倒がってはいられませんね。
また50過ぎた男性の結婚は非常にきつくなりますが、

晩婚で今や都会の限界結婚年齢は男性は4人に1人、女性は6人に1人が生涯結婚できないといわれています。
また40歳から44歳の独身男性では100人のうち7人しか結婚できず女性も100人のうちわずか10人という数字が出ています。
人口問題研究所調査では男性の生涯未婚率は5人に1人(20,1%)
女性でも10人1人(10,6%)という数字が出ています。
しかし90%の人はいずれは結婚したいと思っています。
さてどうするか。まず遅くとも30歳代で婚活を始めること。
40代に突入してしまったらリアルに結婚をサポートしてくれるサービスを活用することです。
体験者はお分かりでしょうがあちこちで開かれている街コンや友人同士の合コン、またはパーテイーに参加してもどこの誰かもよくわからず、独身でない人まで紛れ込んでいたり、はたまた子づれの人などハッキリせず失望ばかりで傷ついてしまったことが多いのではないでしょうか。また、今はネットでやすくおみあいするのがおおはやり。何人もの方がそれに失敗失望して多少手間だしおかねもかかるが、もう、安かろう軽かろうの付き合いに懲りたと考えて入ってこられます。
今こういう相談所に申し込む方は非常にレベルも上がっていて合理的に考えて信用のおける人を伴侶に捜しています。毎月次々新規に入ってくることからも、これ以上失敗して時間を無駄にしたくないと思われたからだと思います。
縁は自分の力で探さないと他人や友人はあてにはできませんよ。人生はトライあるのみです。お待ちしています。

マスクの卒業  [2023年02月24日]
 日本人はまじめなので、政府が音頭を取らないとなかなかマスクを取りませんし。3月まであと少しでも大抵の人はみな従来どおりのマスク姿で毎日を送っていますね。
夕方のテレビのコロナの数ももうあまり関心を寄せていませんが まだまだ外すのをためらっています。日本人は周りの目を気にする国民であることがこれでもわかります。
 
さて結婚に関しては、だいぶ変化があります。一昔前の皆様のお母さま世代ですと、会社は寿退社で、だれもほとんど共働きはしていません。保育所へ入れるとなると へーなんでと聞かれた時代でした。幼稚園も3年保育はあまりなく、2年保育が普通でした。今は妻も仕事を辞めないし。子供は0歳あたりから保育園探し。ずっと仕事を続けるのは普通ですね。それに伴い旦那様も家事育児に参加をしてきて、育メンなどは抵抗がないようです。
おむつは積極的に取り換え、ミルクを上げ、保育園への送り迎え、どこへ行ってもこの頃は旦那様の姿が見られます。
 
さてそれに伴い女性は自分の母親の近くに住みたがります。手伝いがないと本当に困ることが多いわけですね。
ですから結婚相手もできたら自分の勤め先や実家に近いほうが都合がいいわけです。
 
お見合いの場合はそれらを考えてある程度選べますので助かりますね。
病気になったり旦那様も自分も仕事で休めないときに子供が熱を出したりしたら天の助けですね。
 
ですからそれに見合った人を選んだほうがいいわけです。お相手の親は頼みずらいですがそれでも孫可愛さは同じ同居は嫌でも頼りにはできます。
 
ですからよく考えてお相手を選ばないと後で苦労します。
子供はいずれ自分の元を離れていく存在。覚悟していますが、あまり遠いともう今生の別れみたいになってしまいます。
甘えられるのは嫌でも孫は何といってもかわいいものですので甘えてみましょう。
 
最近は私のお友達の連れ合いがだんだんなくなってきました。最後の日々を送る友達を見ていると、やはり夫婦だなと思います。
長い間には喧嘩もあり、もろもろの確執があっただろうが最後には手を取って見送ってもらいたいですね。
結婚しない方も多い時代ではありますがやはり夫婦は違います。運命共同体でしたので、友達や恋人ではむりなこともしてもらえます。
やはり私は何としても一度は結婚をしてほしいと思います。人生の醍醐味をわからないであの世にいくことはおすすめしません
 
 
Posted at 09:34