やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

お問い合わせ・資料請求
<<  2020年08月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

相談所

IBJ 日本結婚相談所連盟。
BIU 日本ブライダル連盟 
R,net(含Nozze)、NNR 日本仲人連盟 (新規入会)
と日本で婚活で相談所に入っている人のほとんどを網羅している大きい団体4か所に入っておりますので。16万人以上の中から選べます。
たくさんの中から運命の赤い糸の方を探すことになりますので大変。
しかし自分の生涯の伴侶を探すのに面倒がってはいられませんね。BIUは歴史も古いところから新しいところまでそれぞれ多少個性があります。
また50過ぎた男性の結婚は非常にきつくなりますが、

晩婚で今や都会の限界結婚年齢は男性は4人に1人、女性は6人に1人が生涯結婚できないといわれています。
また40歳から44歳の独身男性では100人のうち7人しか結婚できず女性も100人のうちわずか10人という数字が出ています。
人口問題研究所調査では男性の生涯未婚率は5人に1人(20,1%)
女性でも10人1人(10,6%)という数字が出ています。
しかし90%の人はいずれは結婚したいと思っています。
さてどうするか。まず遅くとも30歳代で婚活を始めること。
40代に突入してしまったらリアルに結婚をサポートしてくれるサービスを活用することです。
体験者はお分かりでしょうがあちこちで開かれている街コンや友人同士の合コン、またはパーテイーに参加してもどこの誰かもよくわからず、独身でない人まで紛れ込んでいたり、はたまた子づれの人などハッキリせず失望ばかりで傷ついてしまったことが多いのではないでしょうか。
今こういう相談所に申し込む方は非常にレベルも上がっていて合理的に考えて信用のおける人を伴侶に捜しています。毎月次々新規に入ってくることからも、これ以上失敗して時間を無駄にしたくないと思われたからだと思います。
とにかくどんなところでどんな風に探すのか今はトライアル会員までありますから思い切ってご相談にいらしてください。
縁は自分の力で探さないと他人や友人はあてにはできませんよ。人生はトライあるのみです。お待ちしています。

どんな時に相手を嫌いになるのか?離婚の危機  [2018年03月28日]
今は離婚が決して他人事ではない時代になりました。再婚も一回目までは今はたいして障害にならないようです。しかし再再婚は矢張り絶望的のようで数字に表れています。
さて離婚はどんな時におこるのかは他人はよくわかりません。明らかに誰が聞いても離婚になるケースも多いけれどさっぱりわからないケースもありますね。みんな口をそろえてとても嫌な思いをして別れたといって居ます。
最近の危ないケースをご紹介します。
 個人営業ではじめは羽振りがよく生活費も50万もくれていたのが子供が障害を持って生まれたころから、景気も下火になり挙句にどうやら旦那が浮気を初めて帰ってこなくなったとのこと。その頃は2人の子を抱え仕方がなく子どもの障害者手当や女性の親の援助で暮らすようになったそう。
女性は専業主婦だったし子供が小さく働きに行くのもためらわれていたがたまに帰ってくる旦那がひどい暴力を振るうようになり最後警察沙汰になり逮捕され、いよいよダメと離婚を要求したが旦那がなかなか応じず今弁護士調整中で家を出て小学校に入るのに学校に頼み奥さんの旧姓で手続きをしている状態だそうです。入学式までに離婚が成立するかと言う危険な春を迎えているようです。
又個人営業で相手の家庭とかかわるとどうしてもいろいろもめごとが出てきてそれぞれ言い分があるが旦那さんが親がかりなので親のいうことを聞いて自分の奥さんの肩を持たないケースが多々ありこれこそが離婚につながるのではと懸念しているケースです。
昔は嫁いびりや小姑いじめがあってお金も持たされず食べるものも着るものも不自由した方が多かったのですがいまだに個人営業だとお金がお給料などはっきりせず、他で働けば当然お給料が出るものを不満になりそこへもってきて旦那さんが自分を悪者にして旦那の親から守ってくれないとなると現在では非常に危険な状態になるケースが多いです。
御子さんを連れての離婚はとにかく感情に任せて自分で生活するつもりでも世の中甘くはないですね。子供を食べさすのも難しくなり再婚と思っても他人の子を引き受けてくれる男性はめったにいないし一緒になってもいじめられてよく事件になったり不幸が目に見えるようです。
 みんな結婚するときはこの人と幸せになろうと思い親より大事にしようと思っていたのに、奥さんを守り切れない男性がいっぱいいますね。
色々な不幸を見てくると結婚が嫌になり独身のままの方良いと思う方が残念ながら多くいます。
私は死が二人を分かつまでは喧嘩しても仲直りをしましょうよと思います。片親になる我が子のことを考えたらよほどのことも我慢できるし、第一次に再婚して前より良くなる保証は有りませんよね。まあ我慢の限界を超えたのでしょうがどうしてこうも離婚が増えたのでしょうね。
人生はバラ色でもなんでもないし結局自分が一番かわいすぎるから相手に思いやれないし。感情を爆発して謝る気もなくすべて相手が悪いと心底思いこんでいますが他人から見るとどっちもどっちと言うケースが多いのでは。
子供を産んだ人はお願いですから我慢してもう一度子供に責任を感じてくださいね。
Posted at 11:36