やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

お問い合わせ・資料請求
<<  2020年03月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

相談所

IBJ 日本結婚相談所連盟。
BIU 日本ブライダル連盟 
R,net(含Nozze)、NNR 日本仲人連盟 (新規入会)
と日本で婚活で相談所に入っている人のほとんどを網羅している大きい団体4か所に入っておりますので。16万人以上の中から選べます。
たくさんの中から運命の赤い糸の方を探すことになりますので大変。
しかし自分の生涯の伴侶を探すのに面倒がってはいられませんね。BIUは歴史も古いところから新しいところまでそれぞれ多少個性があります。
また50過ぎた男性の結婚は非常にきつくなりますが、

晩婚で今や都会の限界結婚年齢は男性は4人に1人、女性は6人に1人が生涯結婚できないといわれています。
また40歳から44歳の独身男性では100人のうち7人しか結婚できず女性も100人のうちわずか10人という数字が出ています。
人口問題研究所調査では男性の生涯未婚率は5人に1人(20,1%)
女性でも10人1人(10,6%)という数字が出ています。
しかし90%の人はいずれは結婚したいと思っています。
さてどうするか。まず遅くとも30歳代で婚活を始めること。
40代に突入してしまったらリアルに結婚をサポートしてくれるサービスを活用することです。
体験者はお分かりでしょうがあちこちで開かれている街コンや友人同士の合コン、またはパーテイーに参加してもどこの誰かもよくわからず、独身でない人まで紛れ込んでいたり、はたまた子づれの人などハッキリせず失望ばかりで傷ついてしまったことが多いのではないでしょうか。
今こういう相談所に申し込む方は非常にレベルも上がっていて合理的に考えて信用のおける人を伴侶に捜しています。毎月次々新規に入ってくることからも、これ以上失敗して時間を無駄にしたくないと思われたからだと思います。
とにかくどんなところでどんな風に探すのか今はトライアル会員までありますから思い切ってご相談にいらしてください。
縁は自分の力で探さないと他人や友人はあてにはできませんよ。人生はトライあるのみです。お待ちしています。

人間だれしも一寸先は闇、、、。  [2019年04月14日]
夕べ読んでいた小説の中の一説が気にかかったので今日はその事で書いてみます。
お見合いをした後にお断りか交際希望かとなりますが、昨日会った方々が朝サイトから交際希望だったので、ホット致しました。
昨日は朝から人身事故などで京浜東北線やそれにからむ線が乱れていたせいでしょうかこちらの男性が時間より少し遅れると連絡が入りました。出先だったので気をもんでいましたら、まだ来ないとまた先方からの連絡。やり取りでその後お会いになれたらしく、かえってこういうハプニングがきっかけでいつもより印象が増す場合もあるかもしれませんね。
 
お見合いは最初の方一人で決まるわけでは大抵ありません。何人もお会いした中でぴぴっと来る場合があるようで、そういう方にあえれば早いです。
会ったとたんに多分この人と結婚するとわかる場合が多いようです。人や親が、え、こんな人と思っても人間には合う合わないは自分しかわからないものです。
そんなこんなで私はいい意味で本人たちに任せます。私がいいと思っても本人たちが嫌なら致し方がないですものね。またこちらがよかったとしても断られたらそれもこの際あきらめて先に行くしかないですね。
 
これは自然界の動物のテレビで見ていてもそうですね。だれでもいいわけではないようで動物や魚もどうやら好みがあるみたいで見ているとけっこう面白いですね。まして人間ですからこればかりは会ってみないとわかりませんしそれこそ一寸先は闇。
昨日までは知らなかった二人が明日には恋人になり、あれよあれよと周りが見ている間に結婚します。子供が出来ましたとなる世界が婚活の世界です。
 
私にとっては楽しい世界です。だってあの二人どうかしらとそれは楽しみだし、お二人であいさつに見えた時のうれしそうな顔。写真を見て私までニヤニヤしてしまいます。
今まで決まった人たちを思い浮かべると本当に自分にあった人を選んでいます。
ですからいくら何でも若い人が良くてもあんまり20歳も下ばかり狙っていると、どんなつもりかしらといぶかしく感じます。
何人もとお会いしていると法則があるわけではありませんがよくぞこの大勢の中でお互いを選んでくれたと審美眼に感服すると同時に自分をよくわかっているなと思えます。私が選ぶよりよほど自分にあった人を見つけて申し込んでいます。
 
先日の当方女性も実に謙虚な方で礼儀もわきまえているのですがお相手もまじめでいろいろな面でこの二人は合うなと思いましたらやはり交際になりきっと今日もどこかでお食事でもして将来の話をしていることと思います。
合う合わないは、何人もの動きを見ていますのでけっこわたしにはわかります。しかし交際になってからは時間の取りようや距離や仕事の忙しさなどからまとまらない場合もあります。
 
お医者さんと交際していた男性も月に1回会えればいい方とかで結局無理だからとこちらから断ってしまいました。
また今時は仕事をやめないでつづけたいとなると、お相手の場所も選ばなくてはいけませんのでお互いに距離が影響してきます。
何処でも使ってくれる職業でも慣れたところがよかったり子供が出来たら親がどうしても助けてあげないといまどき仕事は続けられないことが多いのでせっかくの良いご縁でも諸判の事情が絡むと、結婚が難しくなってきます。
昔は自分の仕事を辞めて相手の男性に合わせたのでしょうが今はそんなに仕事は甘くないようですので選ぶ段階から自分が通える範囲かどうかも影響していますね。又親に子供が見てもらえるところに家を、と言うのもよく聞く話です。
二人合わせて仲良くの中には今の世の中お互いの収入を合わせてと言うのも入っていますね。
よく聞く話は生活費はお互いに共通のお財布にそれぞれがいれて残りは各自自己管理。昔のお母さんたちでは考えられない世知辛い感じがするのですがこうい話はよく聞きます。
さて最初の一寸先は闇に戻りますが、良かれと思って決心したことが先は闇。いいか悪いかはやってみないとわからないのは万人共通ですね。
 
結婚に関していえば最初はだれでも幸せになろうと一緒になったのに、とんだ曲者だったり暴力夫だったり、だらしない妻だったり、果ては早く亡くなったり、人生は一寸先は闇ですね。
昨日聞いたある結婚相談所の60代の女性の話でびっくりしたのは3回目の結婚を世話した先が独身の70代のお金持ち。子供可、という事で大きな出戻り子持ち娘同伴で結婚したら、今出されるところだそうです。信じられますかごく普通の女性ですがこんなのは例外でしょうが、先行きは誰もわかりませんね。でもとりあえず一生独身より一回は結婚しましょうよ。先はいいか悪いかは誰もわかりませんけれどね。酸いも辛いも一回は経験しましょう。
人生は100年もある時代ですよ。まだまだ先は長いです。
 
 
 
Posted at 09:08