やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

<<  2024年06月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

相談所

IBJ 日本結婚相談所連めい。TMS 全国結婚相談所連盟 信用度の高い2つの日本を代表する結婚相談所連盟に入っている埼玉の相談所です。
たくさんの中から運命の赤い糸の方を探すことになりますので大変。
しかし自分の生涯の伴侶を探すのに面倒がってはいられませんね。
また50過ぎた男性の結婚は非常にきつくなりますが、

晩婚で今や都会の限界結婚年齢は男性は4人に1人、女性は6人に1人が生涯結婚できないといわれています。
また40歳から44歳の独身男性では100人のうち7人しか結婚できず女性も100人のうちわずか10人という数字が出ています。
人口問題研究所調査では男性の生涯未婚率は5人に1人(20,1%)
女性でも10人1人(10,6%)という数字が出ています。
しかし90%の人はいずれは結婚したいと思っています。
さてどうするか。まず遅くとも30歳代で婚活を始めること。
40代に突入してしまったらリアルに結婚をサポートしてくれるサービスを活用することです。
体験者はお分かりでしょうがあちこちで開かれている街コンや友人同士の合コン、またはパーテイーに参加してもどこの誰かもよくわからず、独身でない人まで紛れ込んでいたり、はたまた子づれの人などハッキリせず失望ばかりで傷ついてしまったことが多いのではないでしょうか。また、今はネットでやすくおみあいするのがおおはやり。何人もの方がそれに失敗失望して多少手間だしおかねもかかるが、もう、安かろう軽かろうの付き合いに懲りたと考えて入ってこられます。
今こういう相談所に申し込む方は非常にレベルも上がっていて合理的に考えて信用のおける人を伴侶に捜しています。毎月次々新規に入ってくることからも、これ以上失敗して時間を無駄にしたくないと思われたからだと思います。
縁は自分の力で探さないと他人や友人はあてにはできませんよ。人生はトライあるのみです。お待ちしています。

タイのチェンライに行きました  [2020年02月19日]
皆さんはチェンライをあまりご存知ないでしょう。タイの一番北寄り、地図で言うと一番上のほうです。
隣りはゴールデントライアングルで有名なミャンマー、ラオスに隣接していて国境越えもいたしました。
 この時期大丈夫かと心配しましたが、仲間の個性あふれるつわものたちについて、無事終わらせることが出来ました。まだ一人27日まで残っている女性がいます。
知らない国はたくさん回りましたが、三ヤンマーはアウンサンスーチー女史の国というくらいしか認識がなく、かつて麻薬が国の経済を仕切っていたそうだという事さえ大して知りませんでした。麻薬博物館と言うのも見ました。
タイでの首長族を見たくて行ったようなものなのですが、確かにいましたが今は入場料を払って(約1500円)中に入り土産物を売る彼女らと写真を撮ったり、お土産を買ったりしました。あれは女性だけが首に小さいころよりまいてあのようになるらしいです。
 
さてタイのトイレはご承知のようにトイレットペーパーは置かれていなくて、脇にあるホース状のものでお尻を洗います。あちらではマイタオルでそれをふくらしいですが日本人はトイレとペーパー持参でトイレに行きました。
何しろ文明国から来ると色々不便を感じます。台所もしかりでタイでずっとは暮らせませんが、日本人の男性は結構タイ人と結婚しています。
日本で自分の子供を産んでくれる若い女性が自分と結婚してくれないがあちらではそれが可能ということだと思います。我々がお世話になった日本人でお坊さんもかつてあちらの方と結婚していましたが。うまく分かれられないので坊さんになったらしいです。坊さんは妻帯しないから。
 
でもあちらの方とうまくやっていてすっかりタイに根を下ろし、うまく暮らしている方もいました。
又バンコクには至るところに日本食レストランがあり日本より安いので暮らしやすいかもしれません。WF事情は日本のようにいかず、できるところを探せたら即やらないと日本のようにあちこちで出来ると言う事はなく私は苦労しました。
 
さて結婚事情も日本でも外国人と結婚する例が増えてきましたが、若いころなら、海外の人ともすぐ慣れるでしょうが私などはとても無理ですね。
私は何と言っても日本が大好き。かつてNZで暮らしたことがありましたが夕方になるとNHKの国際放送が入ってきて、あの曲を聞いただけでホームシックになりましたし。北島三郎の、与作のような演歌をあちらで聞くと、しみじみ自分が日本人だと思えて泣けそうになりました。お寿司大好き人間には永住は絶対無理です。
 
話が長くなりましたが、もし私のようなタイプの方は是非早目にこちらで結婚してください。たとえご主人が海外転勤になってもついて行ってあげましょう。世界は狭くなったと言っても海外では日本の事情いまいちわかりません。パソコンだって日本語表記の店は少ないし細かいことは言葉が通じないし、書いてある文字は英語ではなくアラビヤ文字のような文字でさっぱり用が足りませんでした。
成田に着いたとき、ホットとしました。
 
今コロナウイルスで連日うんざりしますが、本当にあれらが世界に蔓延してほしくないですね。意外に成田はいつも通りりでしたが。
 
Posted at 15:29