やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

お問い合わせ・資料請求
トップ > ニュース

幸せの測り方

[2018年07月25日]
隣の芝生はよく見える、とも言いますが今の世の中何が幸福かなんて人それぞれで一概に言えませんが、いい会社に入ったはいいが忙しくって遊ぶ暇もないしデートする暇もないなんて、収入にのっとって忙しさはだいたい比例していますからね。
昔からお医者様の奥様などはいい人と結婚したわねと思われていますが旦那様の忙しさは半端ではなく、家事を手伝ってなどもってのほか、子供の運動会にも出られなかったとはよく聞きますね。公務員がうらやましいわ共。ところがこの頃は公務員も相当忙しいらしいですよ。下手すると日曜も出たりとか。
さて奥様は旦那様を当てにしていても実際には何も手伝ってくれない、手伝う余裕がないと言うのが現実のようですね。
 
そこへ今は奥様も優秀な方が多く下手すると旦那様より高収入だし忙しい方も多くなりました。
産休で休んでいて実際働き始めたら家は回らなくなってそこへ登場するのが実母ですね。実際孫はかわいいし子供の現実も認めてはいても結婚年齢が遅くなったことで実母も昔のように50代ではなく60,70代で自分のことで精一杯なので子供の手伝いなんてきついんですよね。
 
家の中には暇人が一人いたほうが潤滑に回ると思うのに今暇人はいませんね。まだ体が使える母親はとても重宝がられますが、やっと自由を得た母親は、さあこれからだと遊びにも忙しいし。習い事や、体のメンテナンスにもいかないといけませんのでバタバタ。子供の家庭を手伝うなんていい迷惑なんですよね。本当は。だって自分が子育てをしたころは自分の家庭はしっかり自分でやっていましたもの。ただし大抵は専業主婦でしたがね。
 
この頃の大学生は専業主婦希望なんて人が出てきたらしいですよ。
大学生が結婚相談所に登録しています。就職して苦労したりが嫌なんでしょうか?それもどうかと思いますが。
 
定年後に田舎暮らしを望むのも会社での仕事やら人間関係にすっかり疲弊した先に農業でもと考えるんでしょうね。奥様はそこまで疲弊していない関係上都会と田舎で別居してときどき会うなんて方もいるようです。
こう暑いと本当に寿命が縮みますね。