やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

お問い合わせ・資料請求
<<  2020年08月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

相談所

IBJ 日本結婚相談所連盟。
BIU 日本ブライダル連盟 
R,net(含Nozze)、NNR 日本仲人連盟 (新規入会)
と日本で婚活で相談所に入っている人のほとんどを網羅している大きい団体4か所に入っておりますので。16万人以上の中から選べます。
たくさんの中から運命の赤い糸の方を探すことになりますので大変。
しかし自分の生涯の伴侶を探すのに面倒がってはいられませんね。BIUは歴史も古いところから新しいところまでそれぞれ多少個性があります。
また50過ぎた男性の結婚は非常にきつくなりますが、

晩婚で今や都会の限界結婚年齢は男性は4人に1人、女性は6人に1人が生涯結婚できないといわれています。
また40歳から44歳の独身男性では100人のうち7人しか結婚できず女性も100人のうちわずか10人という数字が出ています。
人口問題研究所調査では男性の生涯未婚率は5人に1人(20,1%)
女性でも10人1人(10,6%)という数字が出ています。
しかし90%の人はいずれは結婚したいと思っています。
さてどうするか。まず遅くとも30歳代で婚活を始めること。
40代に突入してしまったらリアルに結婚をサポートしてくれるサービスを活用することです。
体験者はお分かりでしょうがあちこちで開かれている街コンや友人同士の合コン、またはパーテイーに参加してもどこの誰かもよくわからず、独身でない人まで紛れ込んでいたり、はたまた子づれの人などハッキリせず失望ばかりで傷ついてしまったことが多いのではないでしょうか。
今こういう相談所に申し込む方は非常にレベルも上がっていて合理的に考えて信用のおける人を伴侶に捜しています。毎月次々新規に入ってくることからも、これ以上失敗して時間を無駄にしたくないと思われたからだと思います。
とにかくどんなところでどんな風に探すのか今はトライアル会員までありますから思い切ってご相談にいらしてください。
縁は自分の力で探さないと他人や友人はあてにはできませんよ。人生はトライあるのみです。お待ちしています。

中高年の結婚の問題点  [2017年04月27日]
若い人の結婚と違って中高年50歳以上80歳までくらいまで希望者はいますが問題点も多いです。 先ず再婚の場合が多いので子供がいるかいないかでも問題点は違ってきます。 若い人で子供がいる場合子供が親の結婚を望むかどうか?ごくちいさいころならこれが自分の親と思うので馴染みますがある程度思春期になると親のちょっとした一言に悪くとり勝ちです。本当の親でないという事がどうしてもちらつくわけです。本当の親で... [全文を読む]
Posted at 07:15
生涯未婚率が上がった背景は社会状況やライフスタイルの変化など複合的要因がある。 結婚するのが当たり前という社会的な圧力は弱まり自分の意思で独身を選ぶ人も増えている。 雇用が不安定で低収入の男性が現れる一方フルタイムで働く経済的に自立する女性が増えている。日本では婚外子が少なく結婚が前提という意識が強い。未婚率が上がると少子化も進む。政府は少子化対策の側面から婚活支援の予算化をはじめた。結婚した... [全文を読む]
Posted at 19:21
50歳まで1度も結婚したことがない人の割合、生涯未婚率は男性23.37%、女性14.06%で前回より3ポイント増えたそう。男性は4人に1人。女性は7人に1人。結婚離れが鮮明に。少子化に歯止めがかからない。非正規の処遇対策が急がれる。老後に身寄りがない人が増え介護や医療の受け皿も課題になりそう。 都道府県別では沖縄、岩手、東京、新潟、秋田、北海道、高知、大阪、が多い。 然し18〜34歳までの未婚... [全文を読む]
Posted at 19:00
東京タラレバ娘  [2017年02月18日]
東京タラレバ娘が炎上!! 私は今日聞いたんですがマンガからテレビになって今や独身アラサー女のバイブルなんだそうです。東京で暮らす33歳独身女性。はたからは自立した女性ですが実態は・・してれば、・・だったらと妄想と後悔が入り混じった女子会を毎晩開くタラレバ娘だったんだそうです。そこで偶然会ったイケメンさんに”行き遅れ女の井戸端会議”とののしられる激痛ラブコメデーだそうです。... [全文を読む]
Posted at 21:38
セロトニンの話  [2017年01月23日]
セロトニンが減ると感情が不安定なる上にうつになりやすいそうです。その量を減らさないための話です。 太陽は大切で1日一回できたら朝に太陽に当たること。 40代以降は女性ホルモンが減り自律神経系の病気にかかりやすく疲れやすくなるそうです。相対的に男性ホルモンが増えるので女性は年を取ると意欲的になる人が多くなります。そういえばカルチャーセンターって8割方女性ですね。 深刻なのは男性です。男性ホルモ... [全文を読む]
Posted at 17:35
バツイチアラフィフの悔恨  [2017年01月23日]
牧師様の言葉。  喧嘩をしても相手を負かそうとしないでください。しゃべる前に相手の言葉を聞いてください。1日を終える前に仲直りしてください。当たり前のことを20年前には素直に聞けなかった言葉を50過ぎるといろいろ経験して今は水のように心に沁み入ってくる。これはある漫画のセリフです。   さて今は50はまだ若いです。相談所には60歳も70歳も80歳もいます。その方たちはどう考えるので... [全文を読む]
Posted at 17:13
産休育休の現実  [2017年01月19日]
前回の本によりますと普通出産の8週間前から産休になりその期間は健保から給料の6割位がおり出産手当が42万円。 育児休暇は10か月くらいその間育児休業給付金が給料の3割降りるんだそうです。良い会社は健保からの6割に会社がプラスして100%になり、育休は最大15か月プラスされて70%もらえるとか。何人産んでも変わらない制度だと4人産んで合わせて5年以上会社を休んでいるとか。こうなると上場企業の正社員に... [全文を読む]
Posted at 20:18
不妊治療の現実  [2017年01月19日]
今日読んだ本によると不妊治療には1回に30万とか40万とかかかるそうです。体の周期に合わせるので急に呼び出されることも多いそうです。国の補助もあるが申請が面倒で時間もかかり使い勝手が良くないとか。高級車1台買えるくらいつまり数百万かかることもあるとか。 それで途中であきらめてしまって残るものは何もない人が多いようです。 それもこれも女性には妊娠可能期間があるからですね。この頃はそれでも結構な年... [全文を読む]
Posted at 19:55
53歳で出産  [2016年12月18日]
今の時代20代で第1子より30代のほうが多く聞きますよね・でも50代でって聞いたことありますか? 婦人公論(12/27号によるとナレーターの女性 坂上みきさん53歳がお子さんをを授かったそうなんです。結婚が遅く47歳でしたが普通その位でもお子さんはあきらめますよね。不妊治療は40代から始めて何回もチャレンジしたようです。言いたいことは今の常識では40までに産まないともうだめという事でしたがなんと... [全文を読む]
Posted at 15:25
イクメンが仕事の後に家事をしてメンタルが不調になったらイクメンブルーとかニュースになるのにそれを当たり前にしている母親が同じことをやっても当たり前.不調になったら母親失格とつるし上げられる。之ってくずだと思う。(A子さん)   何がイクメンブルーよ。女は昔からずっとそれと闘ってきたのよ。≪B子さん)   イクメンブルー。そんなに大騒ぎするんじゃない。NHK! そんな奴は... [全文を読む]
Posted at 09:29
マリッジブルー  [2016年12月01日]
 結婚が決まって幸せの絶頂期に襲う憂鬱な気分のことですが76%の人が経験するとのこと。あまり深刻に考えないことがいちばんのようです。 ①変化に対する恐れ。 ②本当にこの人でいいのかと思ってしまう。 ③式の準備などで意見がすれ違う。 ④自分が損してしまうと考える。≪例、仕事を辞めなくてはいけない.自由がなくなる) ⑤絡んでくる相手の家族関係   結婚した方は皆思い当たるのでは... [全文を読む]
Posted at 08:54
どんな状況でも利害関係なしである程度受け止め経済的にも精神的にも支えになってくれる存在が家族です 長年連れ添った人だけがたどり着ける境地。居るだけで安心感があります。これが結婚の見えずらいメリットでどんな親友との間でも芽生えないものです。 男は競争女は強調といわれますが家族主義が強い日本社会においては仕事以外に交流ができない独身男性の老後は想像を絶する孤独との闘い,60代になってから気づいても... [全文を読む]
Posted at 12:46
どんな状況でも利害関係なしである程度受け止め経済的にも精神的にも支えになってくれる存在が家族です 長年連れ添った人だけがたどり着ける境地。居るだけで安心感があります。これが結婚の見えずらいメリットでどんな親友との間でも芽生えないものです。 男は競争女は強調といわれますが家族主義が強い日本社会においては仕事以外に交流ができない独身男性の老後は想像を絶する孤独との闘い,60代になってから気づいても... [全文を読む]
Posted at 12:46
40以上の医療機関で1000人の女性が卵子凍結を。およそ9000個の命の元が出番を待っているそうです。また卵子凍結の卵子を解凍、体外受精で妊娠をしたした数が90人だそうです。もっと多くの人が成功したと思ったのにとと高い期待の裏返しを感じている女性が多い。凍結についてはアラフォー女性の7割は肯定。 妊娠率は32歳ころから減りはじめ37歳くらいから年を追うごとに急減。40歳を過ぎるとさらにそれが加速... [全文を読む]
Posted at 13:23
結婚の現実  [2016年10月23日]
この仕事を始めてからいろいろ現実が見えてきました。本心を語ってくれるからでしょう。 それにいろいろな考えの人がいることがわかってきました。昔からの考えを変えないといけなくなってきました。 まず一般的な昔ながらの希望を述べる人が大多数ではあります。 男性は若くてきれいな女性。適度に働いてくれて収入を助けてくれるが家事や子育てもしてくれる人。これを聞くと女性も負けてはいません。年が若くて収入がい... [全文を読む]
Posted at 07:54