やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

お問い合わせ・資料請求
<<  2020年08月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

相談所

IBJ 日本結婚相談所連盟。
BIU 日本ブライダル連盟 
R,net(含Nozze)、NNR 日本仲人連盟 (新規入会)
と日本で婚活で相談所に入っている人のほとんどを網羅している大きい団体4か所に入っておりますので。16万人以上の中から選べます。
たくさんの中から運命の赤い糸の方を探すことになりますので大変。
しかし自分の生涯の伴侶を探すのに面倒がってはいられませんね。BIUは歴史も古いところから新しいところまでそれぞれ多少個性があります。
また50過ぎた男性の結婚は非常にきつくなりますが、

晩婚で今や都会の限界結婚年齢は男性は4人に1人、女性は6人に1人が生涯結婚できないといわれています。
また40歳から44歳の独身男性では100人のうち7人しか結婚できず女性も100人のうちわずか10人という数字が出ています。
人口問題研究所調査では男性の生涯未婚率は5人に1人(20,1%)
女性でも10人1人(10,6%)という数字が出ています。
しかし90%の人はいずれは結婚したいと思っています。
さてどうするか。まず遅くとも30歳代で婚活を始めること。
40代に突入してしまったらリアルに結婚をサポートしてくれるサービスを活用することです。
体験者はお分かりでしょうがあちこちで開かれている街コンや友人同士の合コン、またはパーテイーに参加してもどこの誰かもよくわからず、独身でない人まで紛れ込んでいたり、はたまた子づれの人などハッキリせず失望ばかりで傷ついてしまったことが多いのではないでしょうか。
今こういう相談所に申し込む方は非常にレベルも上がっていて合理的に考えて信用のおける人を伴侶に捜しています。毎月次々新規に入ってくることからも、これ以上失敗して時間を無駄にしたくないと思われたからだと思います。
とにかくどんなところでどんな風に探すのか今はトライアル会員までありますから思い切ってご相談にいらしてください。
縁は自分の力で探さないと他人や友人はあてにはできませんよ。人生はトライあるのみです。お待ちしています。

IBJ の講習会で社長の話は聞いていましたが、今日読売にとうじょう。20歳から50までの独身2700万人で婚活している人は1割。恋愛が苦手な人が増え異性との交際を望まない男性が3割もいるそう。それで出会いからサポートしないとなかなかうまくいかないので、相談所ではカウンセラーがきめ細かく支援している 地方では自分の住む町で婚活パーテーは人の目があるから参加しないという人もいる。結婚により家族という... [全文を読む]
Posted at 13:26
ニッポン男余り現象  [2017年09月20日]
未婚男性が余っている県第1位は茨城県。栃木、福島、群馬、、、、14位神奈川、16位埼玉、20位千葉37位東京。と続きます。 逆に少ないの1位は鹿児島、福岡、奈良、大阪、兵庫、、、京都と西日本は男性は余っていないのです。関東地方は実は男の未婚者があまりまくっています 色々理由はあるようですが、離婚した男性がまた未婚者と結婚するという一人占め現象やら、いろいろあるようですが、独身女性は北関東で男性... [全文を読む]
Posted at 09:18
超単身時代  [2017年09月20日]
NHK昨夜特集された超単身時代という番組から、折しも今日は彼岸の入り。今無縁遺骨が非常に増えて役所で保管ができないくらいになってきているそう。親族探しも容易でないそうです。誰もが親から生まれてきたことは確かなのに、今やお墓参りもいかなくなりつつあり兄弟も無縁になりつつある世の中になってきたようです。   結婚しなくたっていいじゃない。最近は男女ともにあきらめも含めてそう言う方が増えて... [全文を読む]
Posted at 08:28
アラサー(25〜34)世代独身者の過半数が結婚を意識した男女交際をしたことがない。 男性3人に2人に上った。明治生命研究所。アプローチは男性からという考えが主流なのに消極的な男性がおおく、結婚前提の交際までたどり着けないのでわ。 今年3296人の男女の調査で交際経験なし51.1%。 男女別では男性62.7%、女性39.4%。 交際経験あり交際継続中、男17,8%。女31.6% 終了した。男... [全文を読む]
Posted at 09:28
婚前契約と、事実婚契約はプリナップ協会が作成してかつ公証役場に届けるものです。費用も相応にかかります。 婚前契約というのは夫婦間の決まり事、≪例家事分担、育児担当。記念日、金銭管理などなど)最初に決めておいて書面にしておくのだそう。   事実婚契約は二人が円満の時には何の問題もないのですが婚姻関係で守られている財産分与、慰謝料、などは事実婚では主張できません。しかしこの契約をしてお... [全文を読む]
Posted at 14:00
婚約契約証明書  [2017年09月07日]
プリナップ協会というのがあります。アメリカなどでは結婚するときに別れを意識して婚前契約というものをお互いに決めもろもろの取り決めをし、離婚になった時にもそれを決めごととしています。役所に届けているよです。家はだれがもらうとかいちいち最初から取り決めているようです。 さて日本にもプリナップ協会というのがあり、婚約契約、婚前契約、事実婚契約を結婚する際に作成するところがあります。 婚約契約証明書と... [全文を読む]
Posted at 13:46
嬉しいニュース!!会員さんに真溪さんの ハピネスティアラが    埼玉で一番イイ相談所はどこ?本当に結婚できる相談所を探しましたという 他社との比較サイトにのってたわよ!って♬♬ 自分でも知らなかったので正直びっくりです   やはり嬉しいものですね 頑張って誠実にやってきた甲斐があったと。     こうやって書いているブログも読ん... [全文を読む]
Posted at 09:44
今ホームページを毎月何人の人が見てくれたかがわかるんです。今までわかっていても詳しく調べませんでしたが今日調べました。1月〜8月までに何と2082回アクセスされていました。月平均260回です。多くの人が見てくれていますがわざわざ見るところを考えると結婚に関心があるんですね。でもなかなか相談所まで足が向かないのはなぜでしょうか? まず相談所になんかお世話にならないと相手がいないなんて人に思われたく... [全文を読む]
Posted at 16:08
今どきの結婚相談  [2017年08月28日]
今までに1回も相談所に行ったことがない方が多いですが、ほかでいまいちだった方もいらっしゃいます。まずお見合いは月に1〜2人しか紹介してもらえなかったというのにはびっくり。それも相談所に行かなければだめだったそうです。わたくしのところは何人でも申し込めますし、お見合いがお相手がOKが出たら何人でもお見合いできます。またお見合い料は無料です。なぜかというとお見合いの時男性はお茶代を払わないといけないし... [全文を読む]
Posted at 09:49
子供のかわいさ  [2017年08月14日]
女性でも子供なんてかわいいかしらと思っているあなた。まして男性はぴんと来ない方が多いと思います。 はっきり言ってかわいいですよ。何にも代えられないくらいかわいいです。私には3人子供がいて、孫は4人います。最近下の子の孫が5か月になりました。おしゃべりしたり笑ったり、泣いてもかわいいし、うんちもかわいいです。私も年取ったのかもしれません。 こんなかわいい赤ちゃんを抱けないなんて何にも代えられなく... [全文を読む]
Posted at 01:54
毎日起きしなに布団の上で足の体操をして早7年くらい。膝の痛みがそれでいつの間にか直ってしまい、今でも頑張っています。そのあとに6時25分から2チャンネルでのラジオ体操をなるべくやるようにしています。 そこへ最近孫をみる機会が増えグサッと腰にき始めましたのでトイレスクワットを心がけ始めました。トイレは女性は日に何回も入り座りますので、立ち上がるついでに10回ほどスクワットをしています。PCで見まし... [全文を読む]
Posted at 01:28
婚活その先へ  [2017年07月16日]
6月に東大赤門内でセミナーが開かれました。 かの小池百合子さんが忙しい中IBJ主催のセミナー出席。前から少子化には関心があり対策を考えていたようです。子供の数は日本では結婚しないと増えないのですなわち結婚を考えることで人口減少に歯止めをかけないといけないから初めて、いろいろなお話をはなされました。 慶應医学部黒田優佳子博士の講演では子供ができない原因の半分は男性の精子の異常が原因であるという事... [全文を読む]
Posted at 08:23
春日部夏祭り  [2017年07月16日]
毎日暑い日が続いています。わたくしが越してきての初めての春日部夏祭りでした。 日ごろは人口が少ない感じでしたがこんなに人がいたんだとビックリ。特に若い人がいっぱいでした。独身の方もいっぱい。  みんな若いうちは恋愛結婚を当然と考えているんでしょうね。よく先週彼女と別れましたと駆け込んで相談にみえるがかたが多いのですが,そういう傷心の真っ最中の人は案外寄りが戻りましたというケースが多いのです。 ... [全文を読む]
Posted at 08:00
続き  [2017年06月04日]
結婚相談所をやっていて本音が見えてくるとキレイごとは言っていられません。 最初に女性に お相手に収入はいくら以上を望みますかと聞きますと500万円以上希望という方がほとんどです。本当のところは養ってもらいたいくらいにお勤めで疲れている方も多いです。世間でよく言う生きがいでお仕事をしている女性はよほど条件的に恵まれている方だろうと思います。 逆に男性が望む女性像も変わってきて働いて収入のある方が... [全文を読む]
Posted at 09:00
6/3PC上参照 年収200万に満たない低所得の若者たちの住環境シンポ〜実家は出たくても出られない檻のない牢獄と表現。研究者が実態調査した 20〜39歳 1767人中親と同居していたのは、77,4%に上ったそう・ 又親と同居の若者には家から出たいストレスがあり、親は子供を家から出したいストレスがありお互いのストレスが積み重なって家庭内暴力や精神疾患発症のきっかけになることも少なくないと指摘。両... [全文を読む]
Posted at 08:18