やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

お問い合わせ・資料請求
<<  2020年07月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

相談所

IBJ 日本結婚相談所連盟。
BIU 日本ブライダル連盟 
R,net(含Nozze)、NNR 日本仲人連盟 (新規入会)
と日本で婚活で相談所に入っている人のほとんどを網羅している大きい団体4か所に入っておりますので。16万人以上の中から選べます。
たくさんの中から運命の赤い糸の方を探すことになりますので大変。
しかし自分の生涯の伴侶を探すのに面倒がってはいられませんね。BIUは歴史も古いところから新しいところまでそれぞれ多少個性があります。
また50過ぎた男性の結婚は非常にきつくなりますが、

晩婚で今や都会の限界結婚年齢は男性は4人に1人、女性は6人に1人が生涯結婚できないといわれています。
また40歳から44歳の独身男性では100人のうち7人しか結婚できず女性も100人のうちわずか10人という数字が出ています。
人口問題研究所調査では男性の生涯未婚率は5人に1人(20,1%)
女性でも10人1人(10,6%)という数字が出ています。
しかし90%の人はいずれは結婚したいと思っています。
さてどうするか。まず遅くとも30歳代で婚活を始めること。
40代に突入してしまったらリアルに結婚をサポートしてくれるサービスを活用することです。
体験者はお分かりでしょうがあちこちで開かれている街コンや友人同士の合コン、またはパーテイーに参加してもどこの誰かもよくわからず、独身でない人まで紛れ込んでいたり、はたまた子づれの人などハッキリせず失望ばかりで傷ついてしまったことが多いのではないでしょうか。
今こういう相談所に申し込む方は非常にレベルも上がっていて合理的に考えて信用のおける人を伴侶に捜しています。毎月次々新規に入ってくることからも、これ以上失敗して時間を無駄にしたくないと思われたからだと思います。
とにかくどんなところでどんな風に探すのか今はトライアル会員までありますから思い切ってご相談にいらしてください。
縁は自分の力で探さないと他人や友人はあてにはできませんよ。人生はトライあるのみです。お待ちしています。

思う人には思われず  [2018年10月10日]
 切ないですよね。毎日お見合いの動きを見ているとお見合だって同じです。 この人が申し込んでくれたんだから大喜びと思うとそれがそうでもないのです。人が人を好きになるって本当にそれぞれなんですね。こんな人だってわかっていても好きになってしまうし、よくこんな素敵な人を断るわねということもあるんです。 ですから多くの人に人気があっても必ずしもその人は幸せではないのです。 好きでもない人に好きだ好きだ... [全文を読む]
Posted at 19:18
日頃フアンではありませんが春日部市民会館であるのは知っていたら空席を埋めるためだと思いますが30組無料ご招待と言う募集が新聞で目についたのでまあ、ただ、ならと応募したら当たりました。結構な人がタダだったところを見ると2階席はみんなただだったのではないかとちょっと気の毒になりました。 と言うのもあの長い超豪華な衣装は2回見れたのですがあれは1000万くらいしたと何かで読んでいたし、スタッフや楽団や... [全文を読む]
Posted at 20:55
単身者の墓じまい  [2018年09月25日]
お彼岸が過ぎましたがお墓参りは行きましたか?最近は行かない人が増えていますね。私は今回は2か所墓参りに行きました。 淺草は婚家の墓で自分の主人も入っていますし近いから各日には必ず行っています。 実家の墓でずっと悩んでいましたのは、兄が単身者でもちろん子もいませんので、いずれ墓じまいをと見積もりも取っていました。兄がなくなったらと思っていましたがこればかりは順番がわかりませんので、もしも私が先だ... [全文を読む]
Posted at 15:02
体外受精児 読売新聞より  [2018年09月14日]
日本産婦人学会まとめ 2016年に国内で過去最多の54110人の体外受精児が誕生。17人に1人が体外受精で生まれていて累計で536737人が誕生。50万人を突破したそうです。  体外受精とは卵子に針を刺して精子を注入する方法や受精卵を凍結保存する方法だそうです。 凍結保存は16年に生まれた子供の8割44678人がこの方法だったそうです。不妊に悩む人の有力な選択肢となっていることを啓蒙すること... [全文を読む]
Posted at 05:17
災害が続きますね  [2018年09月06日]
 いったい今年はどうしたことでしょう。悪いことは続くと言いますが、今朝いつもより遅く起きたら今度は地震ではないですか。  最大震度7ではこれが北海道でもあれほどなのですから、東京に起こったらどうなるでしょう。 人はいつの間にか怖さを忘れる生き者だし、自分にはこんなことは起きないと軽く人ごとにとらえてしまう癖がありますね。   思い起こせば私は仙台で今回の3,11の一つ前の地震を経... [全文を読む]
Posted at 21:49
高齢者のさみしさは一人暮らしの孤独より家族の中の孤立のほうが大きいという事をご存知ですか。 この相談者も同居している息子夫婦と会話がなく、高齢になったら世話になりたいと、今はゴミ出し、洗濯、夕食の準備もやっているのに、感謝も会話もないとか。 よく孫を抱かさない。おばあちゃんのへやにはやらない、2階には来させないなど同居の場合は悩ましい話を聞きます。 自分が土地を提供しお金も出して来てもらって... [全文を読む]
Posted at 17:20
 相談所をやっていると避けて通れないのが子供が欲しいか❓ということです。 今や体外受精児はが年5万人超が生まれていて過去最高になったそう。あかちゃんの19にんに一人が体外受精児という事を皆さんはご存知でしたか? この頃は私の友人のおこさんも数人いますし子供の友人も現に経験して生まれています。 しかし出産に成功したのは30歳で21.5%、40才では9,1パーセントに下がるそうです。 又夫婦の... [全文を読む]
Posted at 15:32
お断りが来る男性  [2018年08月28日]
やっと交際に入って今度こそはと期待していた40代後半の男性と、人気がありしょっちゅう申し込みが来てお見合も組めて、交際に入れる男性がお断りが来てしまった。  40代後半の男性は誠実で優しいしお金はためていて家も買えるくらいなのに、職業か学歴が気にいられないのか、女性に選ばれない。  女性は最近贅沢になりかなり問題かなと言う人でも絶対妥協しない。一人でやっていけるという根本的なものがあるからいや... [全文を読む]
Posted at 00:14
出会い系サイト  [2018年08月19日]
 こちらの結婚相談所にやってくる方は出会い系サイトの体験者なのでしょうか?  相談者はお金がかかるからいやだと思っている方は安く上がる出会い系に登録しています。  だってただでお相手が見つかるんですものね。しかしサイトの見出しには警察からの注意事項が並んでいますよ。安かろう悪かろうです。   結婚相談所に入会するにはまず独身証明書を区役所などで取ってこないといけません。こんな書類... [全文を読む]
Posted at 23:02
お盆休み  [2018年08月13日]
毎年のことではあるが帰省ラッシュのニュースがここのところテレビで毎日写つされている。どんなに混んでも故郷へ、親に会いに行く姿や迎える姿を見るたびにさみしくなる人もいるのです。 友人がご主人が施設に入居中なのでせめてお盆休み中なら見舞ってほしいと娘に思いを寄せていたのに娘夫婦は海外旅行に行くと言って嘆き悲しんでいた。 かつて優しかった娘、仲がよかった娘が結婚するともう親は2の次になってしまって、... [全文を読む]
Posted at 21:10
先ほどスーパーへ買い物に行ってきた。 お盆という事でお客を接待するための大盛りが今日は多かった。またBQの為のお肉などの大盛りも目についた。それを見たら急に寂しくなってしまった。 自分がいかに孤独かという事の当てつけじゃないかとさえ感じてしまった。 一人だとあれらはすべて縁がない盛り付けなんだなと。 独身者が一番つらくなるのはお正月、次が今のようなお盆など。 しかし帰る田舎があればいいが... [全文を読む]
Posted at 20:07
交際中  [2018年08月05日]
今日長年交際中にならなかった男性がお見合いをしました。うれしいことに両方とも交際を希望しました。 これで我が相談所は一人を残して全員が交際中になりました。その一人は遠くの県から入ってくれたのに申し込みもしないし、申し込まれません。こちらがいくら紹介してもうんといわないので今では何を考えているのやらと、さじを投げています。    今日のお見合者も45歳過ぎのいちばん難しい年代で動きが... [全文を読む]
Posted at 18:50
結婚適齢期  [2018年07月05日]
今まさに結婚適齢期と思っている年齢とはいくつなのでしょう?相談所に駆け込む方は女性は30歳過ぎ。主に35歳前後が多いです。男性も30過ぎてから。47歳の方が多いです。 ここで傾向を見てみますと、男性は30代の方はより取り見取り。なんでこんなにもてるんだろうと思っている方が多いかと思います。30代ならいくらでもお申し込みが来ます。それも綺麗な大卒の方から次々来ます。 そこでの対応を誤ると婚活が長... [全文を読む]
Posted at 16:34
  今まで子供ができない=女性の体に問題あり。と皆が思ってきたふしがありますが、この頃はだいぶ認識が変わってきました。今日のネットでの記事です。   不妊に悩むカップルのほぼ半数は、男性が原因にかかわるとされます。不妊治療に望みを託せる人たちがいる一方、いまの医療では打つ手がない男性もいます。どんな治療をしても、精子をつくることはできない――。次の年の春、女性は不妊治療が... [全文を読む]
Posted at 16:45
感情の抑え方  [2018年06月30日]
私も思ったことをパンと言ってしまうほうなので抑えて抑えてと思うのですが会員さんの最近起こったことで比較すると実にいい勉強になります。 日に120人もの申し込みが来ていた女性は感情は実によくコントロールされていました。さすが難しい資格職の国家試験を通った優秀な方だなといつも感心していました。  とても慎重で上ずったところがなくじっと自己を見つめる方です。ですからお見合いが済んで私のところは、かつ... [全文を読む]
Posted at 09:19