やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

お問い合わせ・資料請求
<<  2020年07月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

相談所

IBJ 日本結婚相談所連盟。
BIU 日本ブライダル連盟 
R,net(含Nozze)、NNR 日本仲人連盟 (新規入会)
と日本で婚活で相談所に入っている人のほとんどを網羅している大きい団体4か所に入っておりますので。16万人以上の中から選べます。
たくさんの中から運命の赤い糸の方を探すことになりますので大変。
しかし自分の生涯の伴侶を探すのに面倒がってはいられませんね。BIUは歴史も古いところから新しいところまでそれぞれ多少個性があります。
また50過ぎた男性の結婚は非常にきつくなりますが、

晩婚で今や都会の限界結婚年齢は男性は4人に1人、女性は6人に1人が生涯結婚できないといわれています。
また40歳から44歳の独身男性では100人のうち7人しか結婚できず女性も100人のうちわずか10人という数字が出ています。
人口問題研究所調査では男性の生涯未婚率は5人に1人(20,1%)
女性でも10人1人(10,6%)という数字が出ています。
しかし90%の人はいずれは結婚したいと思っています。
さてどうするか。まず遅くとも30歳代で婚活を始めること。
40代に突入してしまったらリアルに結婚をサポートしてくれるサービスを活用することです。
体験者はお分かりでしょうがあちこちで開かれている街コンや友人同士の合コン、またはパーテイーに参加してもどこの誰かもよくわからず、独身でない人まで紛れ込んでいたり、はたまた子づれの人などハッキリせず失望ばかりで傷ついてしまったことが多いのではないでしょうか。
今こういう相談所に申し込む方は非常にレベルも上がっていて合理的に考えて信用のおける人を伴侶に捜しています。毎月次々新規に入ってくることからも、これ以上失敗して時間を無駄にしたくないと思われたからだと思います。
とにかくどんなところでどんな風に探すのか今はトライアル会員までありますから思い切ってご相談にいらしてください。
縁は自分の力で探さないと他人や友人はあてにはできませんよ。人生はトライあるのみです。お待ちしています。

 普通は5歳差までがいいかなと思います。しかし現実には40代特に45歳以上の男性、50代の男性は35歳くらいの女性を希望しています。 まあ子供、自分の子がほしいと言う理由なんですが、たいていの女性は同い年から5歳違いまでを求めているケースがほとんどです。実際には同性同士でカラオケに行ったりして、10歳以上離れた人の歌はわからないケースが多いですよね。昭和の歌など今ではひとくくりになりつつあり... [全文を読む]
Posted at 15:23
マッチング機能がいろいろ  [2019年03月28日]
当相談所はたくさんの新しい機能を契約しています。最近始まったAIマッチングや、前からの相互マッチング、共感マッチング、お気に入りから相手がラブ、自分がラブなど最新インターネットからいろいろな便利な機能を備えた便利な新しい試みを当相談所は皆入っていますので、お見合いに行きづまった時などは、積極的にこちらからこの機能を使ってお相手をご紹介しています。 AIマッチング→自社会員と御相手会員の... [全文を読む]
Posted at 15:14
桜咲く!!  [2019年03月27日]
 今年もめでたく合格を勝ち取って新しい希望に満ちて、新規の学校に入ったり新規に新入社員として講習を受けたり始まっている事でしょう。 当分は何もかも新しく気疲れしたり慣れるのに精いっぱいでしょう。    さて若い人の考えと年齢の人の考えがどんどん違ってきているわけですが、会社は年齢の幅が大きいわけで、大学の横社会の付き合いに慣れてきた若者にはとにかくうるさい先輩が急に入社したら自分に... [全文を読む]
Posted at 15:50
武蔵大学教授の社会学者で、自身も東大卒の千田有紀さんは「恋愛市場において東大(卒の女性)がプラスかマイナスかというと、99%マイナス」だと話す。千田さんは過去、キスをした男性から「東大を出た女の子とキスするのは初めてだよ」と言われたという  『東大を出たあの子は幸せになったのか「頭のいい女子」のその後を追った』(大和書房)を出版したルポライター・樋田敦子さんによると「東大生は7割が東... [全文を読む]
Posted at 07:50
 日本社会ではまだ男性の所得が女性より高いことが前提になっているので男性の非正規化や低所得が未婚化を招いている。   男女ともに親と同居する未婚者が増えているが、親が働けなくなったり、なくなってしまうと一気に貧困になってしまう。 何よりも男女ともに安定した仕事を得る事、結婚して二人で働けば出産や子育てもでき少子化対策にもなるのだが。 現実をいくら嘆いても致し方がないのでまず女性も... [全文を読む]
Posted at 12:40
40代初産  [2019年03月03日]
皆さんはいくつまで子供って産めると思いますか? 2016年に53、474人が40代前半で子供を産んでいます。(無子高齢化 前田正子) 40代の初産も増加しています。胎児に染色体の病気があるかどうかを妊婦の血液から検査する新型出生前検査ではダウン症など3種類の病気を調べます。5年半で65000人が検査を受けています。其のうち重い病気がわかった890人の9割が妊娠中絶をしました。重い選択ではありま... [全文を読む]
Posted at 16:20
夫婦のこと  [2019年02月28日]
・女房の惚れて家内安全 ・女房に惚れておうち繁盛 ・天下泰平女房に惚れている ・面々の楊貴妃 男はそれぞれ自分の妻が楊貴妃のような美人だと思うもの ・蓼食う虫も好き好き ・痘痕もえくぼ ・禿げが三年目につかず ・女房妬くほど亭主もてもせず ・いさかいをしいしい腹を大きくし ・お前100までわしや99まで こんなことわざは心がホッとしますね。夫婦は本来こんなに仲が良いものなのです... [全文を読む]
Posted at 22:41
男女のことわざ  [2019年02月28日]
  ・釣り合わぬは不縁の基  地位や家柄が違いすぎる者同士の結婚は、おも                  わしくない結果に終わることが多いと言うころ。   ・思うに別れ思わぬに添う 好きな人とは色々な理由で別れテ一緒になれず全く思っていなかった相手と結婚すること。   ・破れ鍋に綴じ蓋     破損した鍋にもそれ相応のふたがあるように、どんな人にもその人にふさわしい... [全文を読む]
Posted at 21:42
婚活アプリ詐欺  [2019年02月19日]
 皆さんの中に婚活アプリを利用した方はきっと多いのではありませんか? 手軽に安く結婚相手や交際相手が見つかるという事で気軽に登録してしまいがちですね。  しかし割としょっちゅう問題が起きているのはご存知でしょうか?それをある程度承知で皆さん入っているかと思いますが、どこかで信用したい気持ちになるものですね。 今日も結婚詐欺の話をテレビでやっていました。最初は素敵なレストランで食事をし、プレゼ... [全文を読む]
Posted at 08:28
春なのに  [2019年02月18日]
皆さんはすでにほとんどの方が婚活らしきものを体験していますよね。そこで何回かうまくいかず疲れ果ててもういいかとなっていませんか? 昔は人生50年(織田信長が謡曲でうたったもの、、、)と言われていましたがその後55歳が定年で親の代では会社を辞めて隠居した方も多いのでは。 今の人たちはそんな話聞いたこともないというくらいびっくりする時代がついこの間まで続いていたのです。年金が始まったのもその頃でこ... [全文を読む]
Posted at 15:37
どうなっているの?子育て  [2019年02月16日]
ここの所胸が悪くなる事件が多く、毎日のように子供の虐待事件が出てきて、聞くのもいやになりますね。  さて今日の事件は11か月の二女を浴槽に1時間半もほっておいて脱水状態にさせ死亡させたというものです。その間父親はゲームに夢中になれるために日頃からやっていて前にも危うかったことがあったと言うではありませんか?  母親は長女の世話をしていたという。1時間半もほっておいて? 親の言い分はダイエット... [全文を読む]
Posted at 08:36
続き 2  [2019年02月03日]
 「男性には『すごい』を稼ぎたい人と、『ありがとう』を稼ぎたい人がいて、思考が全く違うので、女性はそれを把握するのがベストかもしれません」、日本男性への期待値の低い家事育児は「すごい」を稼ぎやすい分野だと指摘する。「自分もすごいを稼ぎたいタイプ」と自認した上で、「妻がママ友や身内の集まりで、献身的な夫として話してくれるだけで満足なんです」と笑う。「すごいを稼ぎたい夫だと思ったら、夫が褒め... [全文を読む]
Posted at 12:54
続き  [2019年02月03日]
保育園に通う6歳と2歳の子どもを共働きで育てる樹里さんの悩みは「私の仕事が忙しくなると、夫がどんどん不機嫌になること」だ。夫は外資系企業で働く同い年だが、基本的には「妻が仕事をするのはオッケー。でも、家事育児に支障がでない範囲で」というスタンスだ。 妻の忙しさの“しわ寄せ”に不満の夫 夫の帰宅後は、家で仕事をしないようにしているが‥‥。 Shutterst... [全文を読む]
Posted at 12:44
とも働きの危険内容  [2019年02月03日]
年収低い方が家事育児を担うのは当然か「俺ぐらい稼ぐなら喜んで仕事減らすよ」と妻に言い放つ夫 女が甘やかすから九州男児はつけあがる?「悪循環は平成で終わりに」妻・母の誓い 夫婦別々帰省でいいじゃない―なぜ窮屈な想いしてまで夫の実家に? 生活費下げるため地方移住。働かずに生きること目指した32歳の末路 非正規妻との「平等」家事分担にモヤモヤする、管理職夫の言い分―「年収低い方... [全文を読む]
Posted at 12:22
最近は若い人は特にSNSで交際相手を探しています。 安いし手軽ではあります。あまりに世の中がスマホなどで何もかも探すようになり、今日も薬科大学の若い19歳が殺されたニュースがありましたが、親世代は子供が何をやっているのか、さっぱり理解できません。   こちらの会員さんでもあまりにお見合いが組めないとこういう気楽なサイトに移行していくことがあります。何故なんでしょう?たぶんあちらは雑... [全文を読む]
Posted at 16:32