やっと結婚を考え出した貴方へ 結婚相談室へようこそ!知人に頼むよりやはりプロへ 今日これからは真剣勝負!

当社は大手連盟4社の正式加盟店です。IBJ(日本結婚相談所連盟)・Rnet(良縁&ノッチェ)・日本ブライダル連盟(BIU)・日本仲人連盟(NNR)全国約16万8000人の会員数の多さが当社最大の強みです!素敵な出会いを寄り添いお手伝いさせていただきます。日本全国から自分に合う人を探したい。そんなあなたにピッタリです!Happiness Tiaraで婚活!カウンセリング無料です

お問い合わせ・資料請求
<<  2020年07月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

相談所

IBJ 日本結婚相談所連盟。
BIU 日本ブライダル連盟 
R,net(含Nozze)、NNR 日本仲人連盟 (新規入会)
と日本で婚活で相談所に入っている人のほとんどを網羅している大きい団体4か所に入っておりますので。16万人以上の中から選べます。
たくさんの中から運命の赤い糸の方を探すことになりますので大変。
しかし自分の生涯の伴侶を探すのに面倒がってはいられませんね。BIUは歴史も古いところから新しいところまでそれぞれ多少個性があります。
また50過ぎた男性の結婚は非常にきつくなりますが、

晩婚で今や都会の限界結婚年齢は男性は4人に1人、女性は6人に1人が生涯結婚できないといわれています。
また40歳から44歳の独身男性では100人のうち7人しか結婚できず女性も100人のうちわずか10人という数字が出ています。
人口問題研究所調査では男性の生涯未婚率は5人に1人(20,1%)
女性でも10人1人(10,6%)という数字が出ています。
しかし90%の人はいずれは結婚したいと思っています。
さてどうするか。まず遅くとも30歳代で婚活を始めること。
40代に突入してしまったらリアルに結婚をサポートしてくれるサービスを活用することです。
体験者はお分かりでしょうがあちこちで開かれている街コンや友人同士の合コン、またはパーテイーに参加してもどこの誰かもよくわからず、独身でない人まで紛れ込んでいたり、はたまた子づれの人などハッキリせず失望ばかりで傷ついてしまったことが多いのではないでしょうか。
今こういう相談所に申し込む方は非常にレベルも上がっていて合理的に考えて信用のおける人を伴侶に捜しています。毎月次々新規に入ってくることからも、これ以上失敗して時間を無駄にしたくないと思われたからだと思います。
とにかくどんなところでどんな風に探すのか今はトライアル会員までありますから思い切ってご相談にいらしてください。
縁は自分の力で探さないと他人や友人はあてにはできませんよ。人生はトライあるのみです。お待ちしています。

国際ロマンス詐欺  [2019年01月22日]
国際ロマンス詐欺と言うニュースが流れました。 会員制交流サイト(SNS)で外国の軍人などを装って恋愛感情を抱かせ、複数の女性から相次いで多額の現金をだまし取ったとして、警察当局が詐欺などの疑いで外国人グループの捜査を進めていることが21日、捜査関係者への取材で分かった。特に関与の疑いが強いとみる数人の摘発に向け、それぞれの役割分担などを調べている。  このような事件は「国際ロマンス詐欺」と呼ばれ... [全文を読む]
Posted at 12:25
新年おめでとうございます  [2019年01月10日]
お正月はいかがお過ごしでしたか? 実家に帰った方が多かったと思いますが、ご両親は孫は来て良し帰って良しと言うのと同じで子供らも来てはうれしいが帰ってホッとというところでしょうか?狭い家で布団を引いたり、お正月料理を作ったりで大変なのですが、最近の人らはお煮つけなどはあまり食べませんね。 我が家でも余って早々捨てたものが多く、この調子では外食のほうがと思いつつ、つい、おふくろの味を食べさせたくて... [全文を読む]
Posted at 16:30
新年に向けて  [2018年12月27日]
平成も後4日で終わりになりますが皆様のご感想はいかがでしょうか? このブログを読んでくださっている方は非常に多く多い日には70人くらいの方が読んでくださっています。 時勢を描いたり主に思いたってお知らせしたいことを書いてまいりました。 1月からはサンマリエがIBJに合併するらしくまた新たな会員さんも増えてくると思います。   今年お見合いは組めても結婚に至らなかった会員さんが非... [全文を読む]
Posted at 14:09
婚前契約はいかがですか?  [2018年12月15日]
昨日講習会で弁護士鈴木優吾氏の話から婚前契約の話がありました。 現在約60万人の結婚した人のうち21万人が離婚していると言う数字があります。こんなに離婚が多いといつ自分たちに降りかかるかわかりません。  しかし日本の国民性は損得ではなく愛情が優先するという建前論を尊重していますね。 しかしアメリカ(20パーセント)、フランス(25パーセント)パキスタンでは100%婚前契約を結婚時に結んでいま... [全文を読む]
Posted at 18:10
結婚のあいさつ  [2018年12月09日]
今日さきに決まった結婚のあいさつに会員さんがお相手の女性を連れて見えました。 これってとてもうれしいものです。自分の子がお相手を連れてきてくれた時と同じですね。嬉しそうなお二人の顔を見ていたら本当にこの仕事の醍醐味を味わいました。  男性も輝いていましたし初めてお会いした女性が何と綺麗に輝いていたことか。人生で一番幸せな時期でしょうね。 新婚旅行にハワイに行きたいといまどき初々しいことを言っ... [全文を読む]
Posted at 15:43
結婚生活のずれ  [2018年12月08日]
誰でも幸せになろうと結婚するわけですが、夫婦関係は非常に難しくもろい感じですね。特に結婚1年目あたりが危険です。 なぜかと言うと長年別の家庭で育った二人が急に一緒になるとけっこうカルチャーショックみたいになることがあるわけで。二人の故郷が違うと食べるものから味付けがまず違う。昔は女性が男性に合わせたものですが今はそんなことがありません。好みのことで相手の親の育て方がおかしいなどと嫌な気分になった... [全文を読む]
Posted at 18:46
年金払っていますか?  [2018年11月16日]
我々年金生活者と言われる年代になって初めてまったく加入していない人がいました。どんな事情かは知りませんが国民年金にも加入していないとは怠慢を通りすぎてびっくりです。だって働けない年代になって70歳位になって収入が0になるわけですから。家があっても家の維持費や光熱費食費等などいろいろ生活費がかかるわけですものね。   若い人はよく年金なんか俺たちの時代になったらもらえないよと。と言いう... [全文を読む]
Posted at 17:00
結婚詐欺にあう  [2018年11月13日]
知り合いの御嬢さん、と言ってもはや48歳になってしまいましたが、今から4年程前に結婚詐欺にあったようです。 相手の男性はパイロットを自称。何とデートにあのパイロットの制服を着て現れて今フライトが終わったばかりだと言ってきたらしいです。 その頃44歳位だった綺麗なその娘さんは最高にあせりを感じていた時期で、すっかりのぼせ上がってついに自宅に泊まっていく仲になったらしいのです。 詐欺師は実に口が... [全文を読む]
Posted at 14:42
今までの結婚→→→入籍→   同居→→結婚               → 非同居→通い婚           →→→未入籍→同居 →事実婚               →非同居→パートナー ここでの課題は男女双方の結婚の目的が合... [全文を読む]
Posted at 19:44
その昔男子の結婚の条件として3高がもてはやされていました。 高学歴、高収入、高身長。覚えていますよね。いまだにそんな基準を言う人も中に入るかもしれませんがそうなら男女とも時代遅れの古臭い考えだという事で早めに考えを捨てましょう。   最近の男性の結婚の条件が変わりました。3低だそうです。最低ではない。⑴家庭にいても手間がかからない。⑵低姿勢でさりげなく普通にこなし、ガミガミ言わない... [全文を読む]
Posted at 12:44
3男が子ずれの女性と結婚しそうだと言う過程で親が離婚だけなら許せるが他人の子のためにお金を使うと思うと怒りがこみ上げると言う相談です。 回答では5人の子を育てた親に今一度立派になって結婚したいと言われたらもろ手を挙げて賛成してあげてというものです。いまどき自分で相手を見つけてくる子は親孝行この上ないという。 50歳を未婚で迎える男性の割合は23.4%4人に1人ということになります。 親から見... [全文を読む]
Posted at 10:23
親との同居  [2018年10月30日]
 男性は女性が親と同居するのを非常に嫌がっているのをご存知ですか? まずどちらでもいいです等と言う女性はいません。嫌ですと言うのがほとんどですよ。 それなのにびっくりは男性の欄を見ると自分の親と同居はと言う質問欄にどちらでもいいと書いている人のなんと多い事か。 それではお相手が来ませんよ。特に親一人と自分で同居は昔ならいざ知らずそれでも来てくれて同居しますなどは夢物語ですのでよくお考えになっ... [全文を読む]
Posted at 15:35
バリ島へ行ってきました。  [2018年10月24日]
 運よく行っている間の週は、お見合いの申し込みもなく向こうでWFを借りましたが使いませんでした。   若者に人気のバリ島ですが年長者はおすすめしません。過去に行ったときは感じなかった車の多さやバイクの多さにはほとほとうんざり。あの国は鉄道がないんですね。  先日の5000人がなくなったであろう津波も同じ国でも全く影響がなかったようでした。バリでは少し揺れた程度だったとか。実際にあの... [全文を読む]
Posted at 16:34
逆説的ですが実はそうなんです。男性はそうではないらしいのですが、女性は夫に先立たれ、さぞかし寂しいだろうと考えるのは死んだあと数年だけですね。だって女性は夫に尽くし気を使い子供にはさんざん振り回され苦労させられてきたわけで、生活さえ成り立てばやっと一人で誰にも気兼ねなくやっていけるという段階になっているわけで、だからもう一回結婚しようなんて思いません。ひとりは気がやすまります。 そこへ行くと男性... [全文を読む]
Posted at 23:11
新しい仕事  [2018年10月12日]
夕べめったにないことだが夜中に目覚めてテレビを見て結構びっくりした。 30代や、20代の若い成功者。主にお金儲けのだが、3人が自分の成功談を話していた。それも何十億と言う収入になった話なので並み居るお笑い芸人もショックを受け、うらやんで聞いていた。   途中からなので正確にはわからないが一人の若社長は、ごく安い値段の居酒屋を何10件とやっっているそう。飲み放題1000円、2000円... [全文を読む]
Posted at 22:16